JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4806
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

5年ほど前の事なのですが、職場でのいやがらせと窃盗の被害にあいました。 盗まれた物はたいした物ではないのですが、た

解決済みの質問:

5年ほど前の事なのですが、職場でのいやがらせと窃盗の被害にあいました。
盗まれた物はたいした物ではないのですが、たばこ複数と、折りたたみの簡易ベッドです。
たばこに関しては、盗んだと思われる本人に何度問いただしても盗んでないとの事。
ある日、たまたま盗んだと思われる本人と自分しかいないときに、たばこを机の上にわざと置き、様子を見たところ案の定盗まれました。
すぐに相手に電話をし、問いただすと、「自分のも無くなっているんですよ!!」と苦し紛れに嘘をついたのです。しかし、そのたばこだけ返してきました。
これ以外にもあるかもしれません。
いやがらせも多く受けました。
たいした相手ではないのですが、このままでは暴力を振るってしまうのではないかと悩んでいます。
仮に暴力を振るった場合、相手は何もしてないのに殴られたと騒ぎ立てるような性格です。
下手な文章ですいません。よろしくお願いします。  TEL 090-8671-4686
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、職場での嫌がらせは、基本的には同僚であってもパワハラになります。
まずは、会社がパワハラやセクハラに対する部門か担当者を置かないといけませんので
そちらにご相談することになります。
中小企業等で、そう言う部門や担当者がいない場合は、上司に相談することになります。
それによって、双方に事情聴取をして、解決策を見出して行きます。
上司や会社が頼りない場合は、労働基準監督署にご相談することになります。
行政指導がされることもあります。
次に、その加害者に対して個人的に損害賠償請求を出来ます。
職場での嫌がらせの内容がわかりませんが、窃盗罪は、公訴時効が7年ですので
これからでも、刑事告訴は可能です。
ただし、民事の不法行為に対する慰謝料請求の時効は3年ですので
現在、そう言う嫌がらせをされていない場合は、難しい場合もありますが
時効は、相手が援用しなければ、効力は無いので、話し合いをしてみる価値はあります。
もしくは、内容証明で請求されても良いでしょう。
内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると
相手に本気度が伝わり、なめられずに済むでしょう。
行政書士の先生が比較的お安いです。
相手が、応じない場合は、刑事告訴や民事調停を申し立てると主張されると良いでしょう。
それから、職場でのいやがらせは、人権侵害でもありますから
法務局の人権擁護委員にご相談されると調査をしてくれることもございます。
また、懸念の暴力に関しては、相手を怪我をさせると傷害罪になります。
現行法では、喧嘩両成敗と言うような江戸時代的な発想は無く、必ず加害者、被害者と
言う立場になりますので、くれぐれも暴力は振るわないことです。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問