JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

2006年うつ病が軽快したので会社に復帰したいという事から、示談金で退職という形になりました。 しかし、病気は治る

質問者の質問

2006年うつ病が軽快したので会社に復帰したいという事から、示談金で退職という形になりました。
しかし、病気は治るどころか、その話し合いでされた暴言などによりPTSDを発症し、うつ病も酷くなり、何度もリストカットやODを繰り返し、障害者認定を受けるまでになりました。
長期薬の服用により、残留薬物の可能性が高いため妊娠すら絶望的な状態です。
これを本人に個人的謝罪を求めたところで、会社に守られているため返答がありません。
個人的に民事訴訟は彼らに対して出来ますか?
障害者にまでされ、女性の楽しみの一つである出産も奪われ、悔しくて仕方ありません。
何か方法があれば、お教えください。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
2006年不法行為ということですから、2009年に時効にかかります。障害者認定の時期が不明ですが、消滅時効の起算点をその時期まで繰り下げることができるならば、もしかしたら可能かもしれません。障害認定の時期を教えてください。
もう一つ、既に示談をしているとすれば、示談書があるはずです。そこに清算条項が入っているはすです。紛争の蒸し返しはしない、債権債務はない、賠償金その他いかなる名目で金銭の請求を行わない、という条項です。
これがあればダメです。示談書にはどう書いてありますか?
書いてなくても、もう既に示談金を受け取ってしまっているのならば、その額は控除されてしまいます。その点はどうなのですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
①2009年から障害者年金受給認定がおりていますので、国から障害者として認定されていると思います。②示談書ではなく、合意書でした。その件ですが、2009年6月30日付けで労働契約が終了しています。という事は、暴言等の事は私の勘違いで2009年での事項です。
本件の解決金として400万支払がありました。
本条項に定める権利義務および、本合意から退職日までの労働契約上の権利義務のほか、他に何ら債権債務の無いことを確認する。
…と、記載してあります。これはもうどうにもできないという事でしょうか?精神障害は何が起こってもおかしくないものですよね。まともに考えられない中の合意書なんて。
それに、会社にいる間にパワハラやセクハラやモラハラで精神障害者になったのに、加害者は何の責任もないなんて。
加害者を(個人的に)訴えることも出来ないんですか?
泣き寝入りですか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
債権債務がないという言葉だけで、自殺しても仕方ない世の中なんですね……………
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
客観的にいえば、400万円の示談金は上々であると思います。普通裁判してもそれだけは取れない場合がほとんどです。
>これはもうどうにもできないという事でしょうか?精神障害は何が起こってもおかしくないものですよね。まともに考えられない中の合意書なんて。
→示談当時既に精神障害にあった、まともな意思表示はできなかった、として無効を主張することもできなくはないですが、精神障害になったのは、当該事件以後のことですね?
>加害者を(個人的に)訴えることも出来ないんですか?
泣き寝入りですか?
→できますが、それは損害及び加害者を知ってから3年以内なら可能ということですね(民724条)。それ以上は消滅時効にかかるということです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
精神障害年金の受給認定からみても、パワハラ及びセクハラ、モラハラからうつ病が発症し、軽快したので職場復帰を願い出ました。しかし、その話合いでの暴言によりうつ病は悪化し、話し合いの場でもリストカット、家では自殺未遂などの行動に出ました。この時点で、私の酷い状態を見ていられず、両親の意向から合意書に達しました。話し合いには両親も出席しておりました。400万は妥当かもしれないかもしれませんが、退職金に上乗せした額です。
私の一生を奪った代金としては安いと思ってしまいます。どうか助けてください。お願いします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
うつ病が悪化し、パニック障害、社会不安障害などになったのは、話し合いからです。そこからPTSDを発症し、ビクビクしながらの生活なんです。
今でもまともに社会生活がおくれません。仕事も出来ません。障害者は軽作業や施設でしか仕事も出来ないのに、仕事にまともにも行けません。お願いです。助けてください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
返答がないのですが、相談は以上で終了という事でしょうか?
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
あなたに当職のアドバイスを受け入れるお気持ちなしと判断し、オプトアウトしました。
なお退職金請求権は3年の消滅時効にかかりますので、これも意味のない主張だとされるように思います。
既に示談金を受領してみえるので、それ以上要求は故なきことないし過分の主張と判断し、自己の主張に固執される以上、これ以上解答しても時間のむだと考え、打ち切らせていただきます。
>本合意から退職日までの労働契約上の権利義務のほか、他に何ら債権債務の無いことを確認する。
…と、記載してあります。
→これを無視するのは紛争の蒸し返し、又は二重起訴の禁止にふれ、認められません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
アドバイスを受け入れる意思はありますが、退職金請求の相談などしていません。
話し合い時点での精神障害が認められれば…とおっしゃられたので、国からは認めてもらえていますし、今の先生からも診断はいただけますとお応えしているのに、自己の主張に固執とまで言われ、何の連絡もなくそちらの判断で終了。
誠意がない先生、もしくはサイトだという事がよくわかりました。

法律 についての関連する質問