JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2258
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

現在、自分の不倫により妻より、離婚を前提に慰謝料の請求を受けていますが、金額が高く借り入れ等をしても足りない状況です

解決済みの質問:

現在、自分の不倫により妻より、離婚を前提に慰謝料の請求を受けていますが、金額が高く借り入れ等をしても足りない状況です、このような場合は訴訟をするほうがいいのでしょうか? 示談書には署名捺印済みの状況です。相手は減額には応じない構えです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。
示談書に一度署名してしまっては、裁判しても結果は覆らないでしょう。示談書に一度署名したということは支払うことを約束したということであり、相手が証拠を持っているのなら裁判をしても難しい結果になります。
そうなると、どのように慰謝料を支払わなければならないかを考える必要があります。
一度に支払えないほどの金額であれば、分割払いにしてもらえるようにお願いする必要が有ります。もし質問者様に不動産などの財産があれば、それを差押えられてしまうことも考えられますが、何も財産がないのであれば、ないものは払えませんので相手にとっても払ってもらえるなら分割払いに応じるしかないでしょう。
ちなみに、公正証書はお互いの署名捺印がなければ作成できませんので、質問者様の知らないうちに作成されているということはありません。
不明な点がありましたら補足しますので返信してください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
わかりました、ありがとうございました。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
回答が参考になりましたら評価をお願いします。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問