JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級FP技能士・CFP
71156846
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

裁判所に証拠書類棄却申請の書き方を教えて下さい。

解決済みの質問:

裁判所に証拠書類棄却申請の書き方を教えて下さい。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士です。
お答えいたしますのでよろしくお願いいたします。
民事訴訟ということでよろしいですね。それを前提に書きます。
民事裁判では、例えば盗聴された録音や盗難された文書など、違法に収集された証拠も証拠として使うことができるとされています(例外的に利用できない場合もありますが、違法性が高い場合と考えられています)。
文書の作成者の同意を得ていない、という理由ではおそらく裁判所は証拠として排除することはないと思われます。
また、手続上の問題もあります。「他人の裁判」とのことですから、ご質問者様は、裁判の当事者ではない、ということですね。
裁判の当事者でない者が、訴訟に提出された証拠について、裁判所に意見等をいうことは手続上できません(そもそも裁判所は受け取らないと考えられ、事実上受け取ってもらっても、裁判所はそれに応答する義務はまったくありません)。
できるとしたら、訴訟に当事者として参加することです。裁判に一定の利害関係がある者は補助参加、共同訴訟参加等の手続で訴訟に参加出来ますが、これには一定の利害関係が必要です(この点については、本件ではそれが不明なのでこの程度の回答に致します)
そこで、裁判所に直接働きかける方法はありません。
つまり、採用書類の棄却申請書類を提出しても効果はありません(なお、訴訟当事者でない者がそのような書類を提出する手続が予定されていないんで、書式も特にありません)
働きかけるとしたら、当該証拠を提出した弁護士及びその依頼者に働きかけて、裁判手続で提出した証拠の撤回をするように求める事しかありません。
ところで、
「自分の書類」というのが、ご質問者様が保管していて盗まれた書類でしたら、弁護士及びその依頼者に対し盗んだ書類の返還を求め、裁判での利用を止めるよう(証拠の撤回)働きかける、弁護士が入手の事情を知っているような場合には、弁護士会に相談して当該弁護士に働きかけるようなこともできます。
他方、「自分の書類」というのが、ご質問者様が作成した文書、という場合、その文書を交付した相手方に対し、第三者への公開や目的外使用を禁じている、当該文書が公になるとプライバシーや名誉を害されるなど、被害生じると考えられるような特殊な事情がなければ、文書の交付を受けた側がどのように使用しても通常は文句を言えません。つまり、証拠としての利用も制限できないと考えられます。
このような場合には、裁判所はもとより、当該利用している弁護士に証拠の撤回を申しいれても拒絶されてしまうと思われます(差し止める等の法的な権利はないと考えられます)
以上の通り、おそらくご質問者様からすると満足できない事態であろうかと思いますが、法的にはこのように考えられますので、ご検討下さい。
fplawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問