JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4803
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

ただ今接客業をしています。 ただコンプレックスがあり普通の人より顔が大きいのです。 若いころは飲み屋で働いていた

解決済みの質問:

ただ今接客業をしています。
ただコンプレックスがあり普通の人より顔が大きいのです。
若いころは飲み屋で働いていたこともありお酒の力でなんとか
悪口をたたかれてもながせていました。
しかし今になって昼間の仕事になり仕事中くすくす笑われることもありました。
従業員さんがどう思ってるかわかりませんが
お客さんにわらわれるのはさらしものです。
つきだすわけにもいかず、誰にも相談できずにきています。
こういったことは法律ではさばけないのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、人の身体的な特徴に対して、からかいなどするのは、問題と言えます。

職場でのいじめやパワハラと考えて構いません。同僚でもパワハラやセクハラになります。

本来は、企業にもよりますが、パワハラの対応部門や担当者を置かないといけません。

ただ、中小企業などでは無理かもしれませんので、上司に相談することになります。

その場合、双方に話を聞いて、解決策を提示しないといけません。

そう言う、上司もいないし会社に期待できない時は、労働基準監督署にご相談することに

なります。

行政指導が入る場合もございます。

また、職場でのいじめは、人権侵害なので、法務局の人権擁護委員にご相談されると

調査をしてくれることもございます。

法的には、名誉棄損罪が成立する可能性もございます。

名誉棄損罪は、公然と不特定多数の前で、事実を指摘して、ご相談者様を誹謗中傷して

社会的信用を棄損した場合に成立します。

親告罪ですが、刑事告訴も出来ますし、民事の名誉毀損における不法行為による

慰謝料請求も可能です。

内容証明で請求されると良いでしょう。内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や

弁護士の先生にご依頼されると、相手に本気度が伝わり、なめられずに済むでしょう。

行政書士の先生が比較的お安いです。

相手が、応じないなら、民事調停を申し立てると主張されると良いでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 2 年 前.

ご丁寧な返答ありがたいのですが従業員からもありますが

接客業なのでお客様から言われることがあります。

その場合の対応をきいたのですが・・・

あんた顔でかいなとか接客中に言われたら

訴えることができるのか知りたいです。

よほどひどい限りしませんが

暴言ということで訴えてもよろしいでしょうか?

とかお客様を黙らせる言葉がほしいのです。

たとえお客様第一でも言っていい言葉にもほどがあると思います。

どうでしょうか?

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

ご相談いただきまして、誠にありがとうございます。

接客業でお客様の暴言にいちいち反応していると

精神的に持たないと思いますが

やはり、お客様に対しては、仕事としてビジネスライクにあたるしかないかもしれません。

仮に、接客業で、お客様を訴えたら、そのお店には、いられなくなると思いますがどうでしょうか?

お客様からの暴言で、ご相談者様が、傷つくことを従業員がからかうなら

それは、大いに訴えるべきかもしれません。

理論的には、お客様だから暴言を言って良いとはありませんし

法的には、名誉棄損罪で訴えることは可能です。

名誉棄損罪で訴えるとお客様に言ってみるのも手です。

ただし、その結果は、ご相談者様が望むものでは無いかもしれません。

これは、法的な問題と言うよりも、人生論とかビジネス論になりますが

関西の方では、自分の欠点を個性として、それを上手く利用する場合もあります。

法的には、お客様を訴えられても、お店からは、そのことでお客様が減ったなどの

損害賠償もあり得ます。慎重な対応が必要です。

接客業が向かないと思われるのであれば、上司とご相談して部署を変更することも

考えても良いかもしれません。

接客業の場合は、お客様は無限にいる訳ですから、いちいち訴えていたらきりが

無いかもしれませんが、実際に一度訴えれば、確かにお客様もご相談者様を警戒するとは思いますが

それが、ご相談者様のためになるかは分かりません。

とりあえず、結論としては、お客様でも法的には訴えることは可能と言うことです。

質問者: 返答済み 2 年 前.

お店側から逆に訴えられると個人的に困りますね。

お客様を黙らせる言葉もないようでしたら、お店をやめることにします。

相談ありがとうございました。

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

割とていねいにご回答したつもりでしたが

マイナス評価でとても残念です。

supertontonをはじめその他3 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問