JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2274
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

生前の贈与とか相続のことになるのでしょうか。63歳の会社役員の女性です。22年前に夫死亡し、土地家屋が子供二人が未成

質問者の質問

生前の贈与とか相続のことになるのでしょうか。63歳の会社役員の女性です。22年前に夫死亡し、土地家屋が子供二人が未成年であったため、自己所有になりました。その後、子供二人は成人独立して別居。亡夫の母(義母)を扶養し、今年の7月に見送りました。その後、息子夫婦が家に入りたいと言ってきましたが……ここからがよくある家庭の問題です。どうも息子たちは、義母の面倒を全うした私をお払い箱にして、私を追い出す算段のようです。私としては、借家暮らしの息子たちには自分たちの気に入った家を新築してもらいたい。そのためには、いま住んでいる築25年の家の不動産価値を調べて、金額が出たとき、いったいどれぐらい割合のお金を渡したらいいでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。
事情はよく分かりましたが、質問者様自身はどうされたいのでしょうか?
息子さんに生前贈与する義務はありませんし、質問者様が亡くなられた相続の時にその不動産を相続してもらっても良いと考えているのでしょうか?
質問者: 返答済み 2 年 前.
実は2年近く前に再婚しています。私が亡くなったときに相続が発生することは避けたいとおもいます。ですが、いましばらく自己の家を自由に管理していたいのです。ゆくゆくは、売却することも視野に入れています。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
>いましばらく自己の家を自由に管理していたいのです。
→そういうことであれば、今は質問者様の名義なのですから、息子さんに使用する許可を与えなければ良いだけの話です。名義が質問者様ということは法律的には質問者様だけが自由に利用管理できるということですから、息子さんに使わせないことができます。
>私が亡くなったときに相続が発生することは避けたいとおもいます。
→質問者様が亡くなった場合、法律的に現在の配偶者、そして二人の息子さんには相続する権利が発生します。これは避けることができません。ですが、遺言で「不動産は配偶者に」「預金は息子に」というように相続する財産を指定することは可能です。
>売却することも視野に入れています。
→これも質問者様の自由にできます。質問者様の名義なのですから好きな時に自由に売却できます。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ありがとうございます。よくわかりました。
それでは最初の質問に戻ります。そうはいっても親子ですので、息子夫婦が新築の家で別に所帯を持つことを納得したとして、援助はしてあげたいのですが~相場としては?
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
>親子ですので、息子夫婦が新築の家で別に所帯を持つことを納得したとして、援助はしてあげたいのですが~相場としては?
→親が子のマイホーム購入のために資金援助する場合の相場はだいたい購入価格の1割くらいのようです。3000万円の家を購入するとしたら、1割の300万円を援助するということです。
もちろんこれは決まりではありませんので、自由に援助することができます。あくまでも上記の価格は相場です。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
回答が参考になりましたら評価をお願いします。不明な点がありましたら補足しますので返信してください。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
回答ありがとうございました。
不明点としては、料金の請求のことです。
もう一度、確認させてください。ちなみに、ボーナスは任意ということですので、0%で送信しています。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
こちらこそありがとうございました。料金に関しましては、わたしたち専門家もこのサイトの利用者の一人に過ぎませんので、詳しくは把握しておりません。
ただ、ボーナスが0%ということであれば、最初に指定した料金(おそらく3000円から4000円だと思います)以上の料金が請求されることはありません。

詳しくはサポートセンターに問い合わせをお願いいたします。

法律 についての関連する質問