JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2272
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

お世話になります。最近著作権について気になり始めたことがありましたので質問させていただきます。 twitterを使

質問者の質問

お世話になります。最近著作権について気になり始めたことがありましたので質問させていただきます。
twitterを使い始めたのですが、共通の趣味の方を検索していると、プロフィール画像、ヘッダー画像や投稿画像に、芸能人が写っている画像を使用している場面が多々見受けられました。それらは、テレビ画面のキャプチャ画像や雑誌をスキャンないしは撮影したものなど、明らかに他人の創作物であるものでした。また、芸能人がブログ(誰でも無料で閲覧できるブログです)でアップした写真を使っている場面もありました。
個人使用とはいえども、全世界に公開されるSNS上ではこれらの使用は著作権法に抵触するのでしょうか。
稚拙な質問かもしれませんが、何卒ご教授のほどよろしくお願い申し上げます。
東京都府中市
三坂 春
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。
原則として芸能人の写真をSNSのプロフィール画像に用いることは著作権法に抵触します(著作権法21条、23条違反)。
「肖像権の侵害」により損害賠償を請求される恐れがあります。
ただし、実際には芸能人本人や芸能事務所が、いちいちSNSのプロフィールなどに写真を使っている本人を特定して、それから損害賠償を請求するとなると時間とお金がかかりすぎます。ですから暗黙の了解で使用させているというのが現状です。
ただ、よほど悪質なケース、例えば本人になりすましていたり、その写真を使って利益を上げているようなことがあれば、損害賠償を請求される可能性がありますので注意が必要です。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご回答いただきありがとうございます。
結局は、SNSで画像を使用することは個人のモラルの問題になってくるということですか。(言い方が悪いですが、違反とは知ってるけどもみんながやっているからやってもいいといった風潮がSNSにはあるのですね。)
確かにSNSで本人を特定することは難しいですが、質問内容に書きました、雑誌など購入しなければ手に入らないものの(スキャンや撮影による)コピーを投稿することについては、雑誌社や芸能事務所にとって不利益になるケースがあると思いますが、それもまた暗黙の了解で見逃していて、よほど売上に大きく影響すること(例えば、雑誌の注目部分をコピーしたものの投稿を見て、購入意欲が低下し、購入しなくなるといったケース)が起きない限り、個人の特定に踏み込まないという理解でよろしいでしょうか。それとも、どの投稿が営業利益に影響を与えたかを探しあてることが困難なので、結局放置したままになるということでしょうか。
よろしくお願い申し上げます。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
>雑誌など購入しなければ手に入らないものの(スキャンや撮影による)コピーを投稿することについては、雑誌社や芸能事務所にとって不利益になるケースがあると思いますが、それもまた暗黙の了解で見逃していて、よほど売上に大きく影響すること(例えば、雑誌の注目部分をコピーしたものの投稿を見て、購入意欲が低下し、購入しなくなるといったケース)が起きない限り、個人の特定に踏み込まないという理解でよろしいでしょうか。それとも、どの投稿が営業利益に影響を与えたかを探しあてることが困難なので、結局放置したままになるということでしょうか。
→そういう理解で差し支えありません。今やインターネットには膨大な情報が載せられています。いちいちそれらをチェックして個人を特定していたら時間がいくらあっても足りません。余程の損害が出ていなければ個人を特定して損害賠償を請求するということは考えられません。言い方は悪いですがそのような小さな事態は放置せざるを得ない状態ということです。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご回答ありがとうございます。
著作権法のことは義務教育時代に教わりましたが、ネット上の特にSNSという範疇において、どこまで適用できるか、専門的な立場からの解釈はどうなのか、気になりましたのでこうして質問させていただきましたが、なるほど、よく理解できました。ありがとうございます。
夜分に申し訳ありませんでした。今後ともよろしくお願い申し上げます。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
こちらこそありがとうございます。また何かありましたらご利用をお待ちしております。

法律 についての関連する質問