JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4917
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

現在 仕事の関係でタイのバンコクに住んでいます。数か月前に知り合ったタイ人の女性と結婚する方向で進んでいるのですが、

解決済みの質問:

現在 仕事の関係でタイのバンコクに住んでいます。数か月前に知り合ったタイ人の女性と結婚する方向で進んでいるのですが、今日 先方の両親から、結婚を承諾する条件として、娘のために家を買ってやってほしいとの申し出がありました。私は52歳、タイ人の女性は20歳の大学生です。女性はかなりの美形でして、正直申しまして、私が騙される可能性がゼロではないと思っています。これまで、彼女の家庭はずっと貧乏な生活をしてきたので、お付き合いを始めた時から、お金の支援を依頼されました。私の考えが間違っていなければ、彼女はお金を持っていない男性とは、お付き合いも結婚もしません。このような状況を踏まえたうえで、どのような対処方法がベターなのでしょうか? こちらから、ひとつお聞きしたいのは、もし、彼女のために家を買ってやる場合でも、例えば、離婚した場合は、彼女は家の所有権を放棄しなければならないといったような証書を交わすことはできるのでしょうか? もし、彼女が私を騙すつもりならば、結婚後、すぐ離婚して妻名義の家を彼女は手に入れるでしょう。こればっかりは、相手の気持ちなので、いくら確認しようとしても真実は判らないと想いますので、何らかの保証が必要であると感じています。私の調べたところ、私はタイでは外国人なので私個人で家を所有することはできない、即ち、妻の名義か、もしくは法人を作って、法人名義にするか、どちらかの選択肢しかないと聞いています。もし、彼女の家族が本当に娘のためを思って(逆に私が彼女を騙さないために)、その保証として家を買ってほしいと言っているのならば、あまり私が疑うと破談になる可能性もありますので、この扱いについて大変悩んでおります。ご指導のほど、よろしくお願い申しあげます。

(追記)25 Sep 2015, 16:00 に先方の家族と会うので、それまでに回答願います。

(追記24 Sep 2015)例えば、購入する家を法人名義とし、私と彼女の共同で保有し、離婚の際は売却、折半する旨の証書を取り交わすことは可能でしょうか?

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それはいろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、いろいろ騙されることをご心配のことと思いますが

ご相談者様は、タイに住み続けるおつもりでしょうか?

また、ご存知かと思いますが、韓国や台湾を始めアジアの女性は

ほぼ整形をされている方も多いのでご注意が必要です。

タイでは、男性が、女性になるぐらいですから、まじめな話、容姿だけで

判断するのは危険です。

それと、やはり、経済的な意味合いで日本人と交際される方は多いですし

そのことを家族を守るビジネスと割り切っていることもあります。

特に、タイの女性が妊娠した場合、ご相談者様が胎児認知をすれば、

産まれた時から日本国籍を持ちます。出産後の認知では日本国籍にはなりませんが

そのまま結婚すれば日本国籍になります。

お子様に相続権が出来ます。ある意味、トラブルのもとです。

タイの女性は、日本に行って、夜の仕事などでがっぽり儲けたいと思っています。

そのためには、まず、日本で就労ビザは取れないので、日本人と結婚するなど

身分関係のビザを欲しがります。これだと、就業は自由だからです。

そう言う意味では、日本の入管も甘くないので、結婚したとしても

日本に入国することが出来ない場合もございます。

これらのリスクを踏まえていろいろ考えて下さい。

海外では、日本では、あまりありませんが、婚前契約(プレナップ)と言うのがあります。

そこで、いろいろ結婚のための条件を決めておいても良いでしょう。

離婚した場合は、どうすると相手が契約に合意すれば問題はありません。

現地の弁護士にご相談されると良いでしょう。

ただ、不動産は共有にして、相手が勝手に売却できないようにしておいた方が

良いでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 2 年 前.
まず、私はタイで永住しても良いと考えています。また、タイで土地の権利を取得しようとすると、基本的には妻の名義で購入することになります。私が知りたいことは、例え妻の名義の土地建物であっても、契約によって、その効力を無効にすることが可能かどうかをお聞きしたいと存じます。以降は、現地の弁護士に相談しようと思います。以上、よろしくお願い致します。
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

追加のご質問がある場合は、マイナス評価をせずに

返信でそのままご質問下さい。

タイに永住する場合は、タイの私法に従うことになります。

これは国籍が異なる夫婦が離婚する場合も共通の居住国の法律に従うことになります。

日本の場合は、公序良俗に反しない限り、契約自由の原則がありますが

財産分与は、名義がどちらであれ、折半になります。

そう言う意味では、プレナップでその契約も海外ではあり得ると思います。

タイに永住されるのであれば、タイの弁護士にご相談されるべきでしょう。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問