JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

離婚後、調停により妻に養育費相当の財産を分与しました。 しかし、元妻は子供たちが未成年にも関わらず、休学や退学して

解決済みの質問:

離婚後、調停により妻に養育費相当の財産を分与しました。
しかし、元妻は子供たちが未成年にも関わらず、休学や退学しても生活費や小遣い等のお金をを渡していません。
これって養育義務を果たしていない約束違反ではないでしょうか?
これならば、当時の財産を折半にして私から子供たちが自立するまで援助したいのですが、再度訴訟を起こすことは可能でしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
あなたは養育費を支払うことが債務で、その債務を履行しています。債権者(妻)がそれをどう使おうが、妻の自由であり、子に対しての責任放棄です。
それは子が妻に追求すべきことです。
家事調停で、養育費の使い道について夫が容喙できる項目はありません。
訴訟といっても、あなたに原告適格がないので、訴えは却下されてしまいます。
訴訟外で「ちゃんと義務を果たせ」というしかないですね。
kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問