JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2224
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

こんにちわ。 プライバシーの侵害で損害賠償請求ができるのかお聞きしたくご連絡致しました。 内容と致しましては、

質問者の質問

こんにちわ。
プライバシーの侵害で損害賠償請求ができるのかお聞きしたくご連絡致しました。
内容と致しましては、
やむえない事情で人工死産をし、4ヶ月を過ぎていたことから
2ヶ月間の産休に入ることとなりました。
周りに知られたくないという理由から、
上司と一緒に業務を担当していた先輩2名のみに詳細を説明し、
2人にも周りに知られたくない旨伝えました。
ですが、後日、先輩の独断により私が話した内容を部のチーム会で公にされてしまいました。
その後、知り得ないはずの部署外の人までに耳に入ることとなり、
子供を失っただけではなく、社内に知れ渡ったことで更なる精神的苦痛を受けています。
先輩からはすでに謝罪のメールをもらっており、非を認めている文章が残っています。
(いいわけがましい文章ではありますが)
そして、来週直接会って改めて詳細の確認と謝罪を受ける予定となっています。
こういったケースは損害賠償請求可能かどうか、
そして、損害賠償請求できるのであれば、
会った際に確認をしておいた方がいい内容等ございましたら
ご教授いただけますと助かります。
どうぞよろしくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
>先輩の独断により私が話した内容を部のチーム会で公にされてしまいました。
その後、知り得ないはずの部署外の人までに耳に入ることとなり、
子供を失っただけではなく、社内に知れ渡ったことで更なる精神的苦痛を受けています。
→不特定または多数人に、あなたの社会的評価を低下させる事実を知られたのですから、名誉毀損罪が成立(不法行為でもある)することに問題ありません。

生じた結果はもうどうしようもないのですが、金銭賠償しかありません。
 そこで、あなたとしては金銭賠償を請求する意思表示をするのが一つの方法でしょう。原状回復はありえないし、メールで謝罪というのもどうかと思います。公式文書での謝罪を要求することです。
質問者: 返答済み 1 年 前.

返信ありがとうございます。

金銭賠償、公式文書での謝罪要求は

どのような手続きをふんで進めればいいものでしょうか。

そして、近々当事者と直接会う約束をしているのですが、

その時は賠償請求を考えていることは言わない方がいいものでしょうか?

さらにこちらが賠償請求をすることで相手はどのような損失が生まれるものなのでしょうか?

よろしくお願い致します。

専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
口頭で「今回の名誉毀損事件についての文書による謝罪と精神的苦痛に対する賠償金の支払いをお願いします。」といえばよいでしょう。

>さらにこちらが賠償請求をすることで相手はどのような損失が生まれるものなのでしょうか?

→これは、意趣返し(仕返し)が予想されますが、これはまたパワハラという新たな不法行為に発展します。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
司法書士です。前の専門家が回答を辞退されましたので、代わりに回答させて頂きます。 今回の質問者様のケースは、名誉毀損による慰謝料の請求をすることが可能でしょう。どのような手続きで請求していけば良いかというと、まずは、今度当事者同士で会う時に口頭で「名誉毀損による慰謝料の請求をします。」と伝えましょう。名誉毀損の慰謝料の相場というものは決まっていませんが、裁判ですとだいたい20万円〜30万円くらいが多いです。それくらいの金額をまずは請求して、相手が払ってくれればそれで解決です。 しかし、相手が払ってくれない場合、専門家に依頼して内容証明郵便で正式な請求をすることになります。弁護士や行政書士に依頼して、送ってもらうと相手に心理的なプレッシャーをかけることができます。だいたいの人は内容証明を送れば払ってくれます。費用も1万円から2万円です。 内容証明郵便で請求しても払ってくれない場合は、裁判によって請求していくことになります。こうなるともう弁護士の先生にお願いするしかありません。ただ、不法行為による慰謝料請求ですから弁護士費用も一部相手に請求することができますから、最終的には裁判によって請求すればよいでしょう。 質問者様が賠償請求することで相手はどのような損失が生まれるか、ということですが、金銭面での損失以外は特にないでしょう。会社内での処分は会社が決めることなので、あとは会社の対応に任せるしかありません。
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2224
経験: 東京司法書士会所属
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

ありがとうございます!

とてもよく分かりました。

助かりました。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.

お役に立てて幸いです。頑張ってください。

法律 についての関連する質問