JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4635
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

ある銀行の支店長が勧めるままに投資信託を購入したが、その後株価が急落し、300万円ほどの損を出した。 投資信託の購

解決済みの質問:

ある銀行の支店長が勧めるままに投資信託を購入したが、その後株価が急落し、300万円ほどの損を出した。
投資信託の購入を勧める際、その支店長は株価下落の可能性について一切言及せず、ただ、今銀行に定期で預けていても金利が低いため、物価上昇分さえカバーできない。このままでは預金が目減りしてしまう。投資信託に乗り換えれば少なくとも物価上昇分ぐらいはカバーできる、と言われた。
株価下落の可能性について確認したところ、株価下落の材料は出尽くしたから後は上がるだけだ、近々郵便株が公開されるのでそれが株価上昇を後押しすると言われた。
私の昼休み中の短い時間だったため、必要書類に支店長代理が指示するままにチェックを入れ、署名・捺印をした。書類に記載されている文章は読んでいない。
私はこの支店長を訴えて失った300万円を取り戻すことができるでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、まず、前提の一つとして投資と言うのは、成功も失敗も自己責任と言うことが

あります。

とは言え、素人がどの株が上がるとか、投資信託で何が有利とかは基本的には

分からないものです。

そのため、金融商品を扱う側は、十分な説明責任があります。

とは言え、ここだけで、つまり説明責任で争うのは難しいと言えます。

そのため、違法性を強く考えるのであれば、過当取引が有ったかどうかを考えます。

基本的に、金融機関にとっては、ご相談者様の資産が増えるか減るかはどうでもよく

手数料収入が欲しいだけと言えます。

そのためのノルマがあるので、ご相談者様に強く営業をするのです。

過当取引になるかどうかは、普通よりも取引の回数が多いとか

手数料割合が大きいかどうかです。ご相談者様の損害額はあまり意味がありませんが

手数料を取られ過ぎて儲けが出てないと言うことであれば

過当取引で金融庁にクレームを言うと主張されても良いでしょう。

過当取引が認められれば、損害賠償請求もあり得ると思います。

それと、とりあえず、消費者被害として、国民生活ンセンター(国の運営)か

消費生活センター(自治体の運営)かにご相談されるのも手です。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問