JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4637
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

銀行に定期預金があることばらされ、うちの嫁に解約されて没収されました。 これは個人情報保護法にかから無いのか教えて

解決済みの質問:

銀行に定期預金があることばらされ、うちの嫁に解約されて没収されました。
これは個人情報保護法にかから無いのか教えてもらえませんか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、誰が、定期預金があることを奥様に伝えたのかが不明ですが
銀行からの場合もあり得ます。
定期預金の額にもよりますが、銀行は、預金者の預金額は簡単に調べられるので
ときどき、銀行も証券業務が出来る部門があるので投資信託等の営業の電話等があり
発覚することはあります。
ある意味、個人情報を利用して問題とも思いますが、規約に利用することが書いてある場合もあるので
ご注意が必要です。
定期預金に関しては、委任状があれば、銀行は、代理人の本人確認が出来れば
解約はします。
奥様が、委任状を偽造する可能性はあります。
ここでの、問題は、奥様など、配偶者や親族の場合は、親族相盗例が働き
窃盗罪での刑事告訴が出来ないと言うことです。
ただし、民事による不当利得返還請求は可能です。
更に問題もあります。婚姻中の財産は、折半が基本ですので
半分は、奥様のものであるとも言えます。
半分は返してもらうでも良いと思いますが、奥様との信頼関係がどうなるかです。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問