JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4627
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

たびたびの質問で恐縮です。今回の700万円の預託金は、ビットコインなどの仮想通貨を購入したという、特定商品取引法に基

解決済みの質問:

たびたびの質問で恐縮です。今回の700万円の預託金は、ビットコインなどの仮想通貨を購入したという、特定商品取引法に基づく契約書面となっています、「仮想通貨の購入」だと金融商品取引法の適用がないと聞きましたが、本当でしょうか。

契約書の書面は特商法に適合すると仮定して、今回の契約書上の取引会社をA社とします。

ところが、私の確認不足なのですが、700万円を振り込んだのがB社の口座に振り込みました。また、契約の際に「重要事項説明書」という書面に自署押印しました。ところで、同説明書にはB社は仮想通貨の販売を行う事業者となっており、あわせてC社は、仮想通貨の口座の管理、取引サービスを行う会社となっています。金融庁に確認したところ、B社は登録業者でしたが登録している住所が異なっています。C社は登録されていません。A社の約款では、仮想通貨の取次代理店となっていますが、B社及びC社との関係は不明です。なお、700万円の領収書は、A社名義の領収書となっていますが、領収日が振込日以前の日付が記載されています。A社は、それでも金融商品取引法の適用は受けないのでしょうか。

投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

いつもご相談いただきまして誠にありがとうございます。

ビットコインは、通貨でも有価証券でも無いと言うことで、金融機関や証券会社が

扱うことを禁止されているようです。金融商品取引法とは関係ないものと言う

扱いのようです。

これまでのお話からも、詐欺の可能性がございますので

警察にご相談された方が良いかもしれません。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問