JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

お世話になります。法的根拠があるのかご質問させて頂きます。 1・離婚後、再婚した場合離婚相手に再婚を通知する義務が

解決済みの質問:

お世話になります。法的根拠があるのかご質問させて頂きます。
1・離婚後、再婚した場合離婚相手に再婚を通知する義務があるのか?
2・離婚調停で定められた相手方の養育費支払い義務は、再婚し子が養子縁組した場合消滅するのか?
3・養育費支払い義務が消滅したとすると、養子縁組以降受け取った養育費は不当利得になるのか?
以上です。
よろしく御回答お願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
お世話になります。法的根拠があるのかご質問させて頂きます。1・離婚後、再婚した場合離婚相手に再婚を通知する義務があるのか?特段そのような事前合意がない限り、通知義務はありません。 2・離婚調停で定められた相手方の養育費支払い義務は、再婚し子が養子縁組した場合消滅するのか?消滅はしませんが、一般的に減額されることになります。しかし、養子縁組をされたことで、お子さんの扶養義務者が3名になります。離婚の際の養育費というのは、お子さんの養育費を2人で負担することを前提に金額を定められていますから、ここに養親という扶養義務者が追加になったことで、負担すべき一人あたりの養育費の額は減少します。また、養子縁組をされたということは、積極的に養育の負担を引き受けたものと解され、第一次的な扶養義務者は、実父から養父に代わったと考えられることから、養育費用の負担割合についても養父が負担すべき金額の方が大きくなり、結果的に受け取ることのできる養育費の額は減少することになります。3・養育費支払い義務が消滅したとすると、養子縁組以降受け取った養育費は不当利得になるのか? 通常不当利得にはなりませんが、調停による解決の場合にはある程度期間を遡って金額を調整する場合もあります。
質問者: 返答済み 2 年 前.
素早いご返事ありがとうございます。
養父の負担が生じることは分かりました。しかし、通知義務がない以上これまでに受け取った養育費の返還に応じなければいけないのでしょうか?不当利得でもないことからも不当利得返還請求権はできないと考えられますが?
また、現在の夫は大学生であり所得はありません。養子縁組した時から現在の夫に所得はない(預貯金もない)のですが、この場合調停で夫の所得を証明する事で養育義務履行不能を証明できることになるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。
専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
>養父の負担が生じることは分かりました。しかし、通知義務がない以上これまでに受け取った養育費の返還に応じなければいけないのでしょうか?不当利得でもないことからも不当利得返還請求権はできないと考えられますが?
前述もしました通り、基本的に不当利得には当たらりません。但し、調停というのはあくまでも話し合いベースであり、実質的な利害関係を調整するのが主目的ですから、早期の紛争解決を目的としてそのような提案も、妥当な範囲内であり得るということです。
>また、現在の夫は大学生であり所得はありません。養子縁組した時から現在の夫に所得はない(預貯金もない)のですが、この場合調停で夫の所得を証明する事で養育義務履行不能を証明できることになるのでしょうか?
子供の親や兄弟に対しての扶養義務というのは、自分の生活を前提としたうえで余力の範囲で行えば足りるのですが、親の子供に対する扶養義務というのは、一つのパンを分けあう関係という例えをしたりするのですが、言葉の通りたった一つしかないパンであっても、これを子供に分け与えて、育てていく義務があります。また、養育費の算定上は無収入と言えども身体障害者であるなど特殊事情の場合を除いては基本的に自分の意思で働いてないということです。
一つのパンを分けあうという考え方からすれば、学費や自身の生活費を犠牲にしてでも子供を育てていく必要があるということになります。
また、実際にアルバイトをしながら通学している大学生もめずらしくないことを考えますと、仮に無収入であったとしても100万円程度の年収はあるものとして評価されることになる可能性が高いものと思慮します。もっとも必ずこのように計算するという決まりがあるわけではありませんので、こちらの説明の仕方や担当される調停員の方によっても扱いは異なってくるでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.
真夜中にも関わらず、ご返事ありがとうございます。
実際、調停しなければ具体的な事は分からないんですね。
今の夫が無収入になったのは統合失調症にかかったからで診断書もあるので、調停の際にはそれも主張していけばよろしいのでしょうか?まだ完治していない状態ですのでそれも主張していけば良いでしょうか?
専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
ご病気のように、やむを得ない事情があってのことであれば、それは養育費の算定上有利な事情として扱われるでしょう。
しかし、収入が少ないことやご病気などの環境については、もし問題が養育権の話にすり替わってしまった場合には、不利に働く可能性もありますので、この点は留意される必要があるでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.
何度もすみません。
問題が養育権の話にすりかわると不利に働くというところがよく分からないのですが、具体的にどういう形で話がすりかわり不利に働くのですか?
専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
養子縁組されていない場合の事例と、話が回答が混ざってしまいました。
本件の場合は養子縁組されていますので、心配される必要ありません。
失礼しました。
houmuをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
お返事遅れました。
分かりました。以上の事をふまえて調停に望みたいと思います。
ありがとうございました。

法律 についての関連する質問