JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級FP技能士・CFP
71156846
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

以下、ご質問です。 2005年に同僚にお願いされ、私の名義で大手のカードを作成し、2009年に30万弱借り入れまし

質問者の質問

以下、ご質問です。
2005年に同僚にお願いされ、私の名義で大手のカードを作成し、2009年に30万弱借り入れました。その後期日に返済されていない事が発覚し、相手の親族に相談をし、返済をして頂きました。(もしかするとそこでお金だけ受け取り返済していなかったかも知れません。)
今、2015年になってその時の返済通知が急に初めて届き、この事態が発覚し、利子合わせて80万円程に膨れ上がっており、返済期日が迫っています。
返済通知は最後の取引から7年程経っており、初めて自宅に届きました。
・同僚は亡くなっており、事実確認はとる事が出来ません。
・住所は契約した時から変わっておらず、こちらから変更した事は一度もありません。(もしかすると同僚が勝手に住所変更をしていたのかも知れません。)
以上、よろしくお願い致します。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  fplawyer 返答済み 1 年 前.
弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFPです。
お答えいたしますのでよろしくお願いいたします。
結論から言いますと、本件では、消滅時効制度によって、支払を回避できる可能性があります。まずは、事実確認が必要です。
前提
名義貸しの場合、名義を貸した人は、クレジット会社に対し、原則として責任をおいますので、
本件でも返済義務があると考えます(例外はクレジット会社が名義貸しを知っていたような特殊な場合です)
次に、「返済通知は最後の取引から7年程経っており、初めて自宅に届きました。」
とのことですが、
消費者金融やクレジット会社の貸金債権は、最後の取引や、最後の支払日など支払義務が生じてから5年で消滅時効制度によって、消滅します(商法522条)。
そこで、ご質問者様としては、5年経過しているので、消滅時効を援用する旨の通知を出すことで、支払を回避できます。
ただ、債務の承認などをしていると、時効が中断して、時効期間の起算点がずれます。
そこで、現在請求されている元金の支払義務が何時発生したか、債務の承認などしていないか
等の事実確認が必要です。
そこで、業者に取引の履歴を開示してもらうこと、債務承認の事実の有無を確認する必要があります。
債務者様でもできますが、弁護士等の専門家に依頼する方が確実です。
なお、業者に連絡して、「払う」とか「債務を承認する」などの回答は絶対しないで下さい。
以上ご検討下さい。
参照
(債権等の消滅時効)
民法 第167条 債権は、10年間行使しないときは、消滅する。
(時効の援用)
第145条 時効は、当事者が援用しなければ、裁判所がこれによって裁判をすることができない。
(時効の中断事由)
第147条 時効は、次に掲げる事由によって中断する。
一 請求
二 差押え、仮差押え又は仮処分
三 承認
商法
(商事消滅時効)
第522条  商行為によって生じた債権は、この法律に別段の定めがある場合を除き、五年間行使しないときは、時効によって消滅する。ただし、他の法令に五年間より短い時効期間の定めがあるときは、その定めるところによる。
質問者: 返答済み 1 年 前.

ありがとうございます。一旦なにがあったか分からず、金融会社に連絡し、払わなければいけないと言われ、明確では無いですが払う意思は伝えてしまっております。期日は明日までになり、また利子がつく様です。即時払う必要がありますでしょうか。度重なる質問で申し訳ございません。

専門家:  fplawyer 返答済み 1 年 前.
お答えいたします。
消滅時効を援用するべきと考えます。
相手方としては、電話の聴き取り書面で、支払う旨承諾を得たから債務承認を受けたと主張することはあり得ますので、その場合、最後は裁判による争いになりますが、
回答したご質問者が、法律の素人であること、事情を知って回答したか不明であること、時効を認識していなかった等の事情から、自己の発言の法的効果を知らずに回答したとして、債務承認とは認められない、とされる可能性が十分あります、
また、相手方作成の聴き取りメモが、証拠として不十分とされる可能性もあります。
まずは、消滅時効の援用をするべきです。
相手方には、弁護士に相談する等として、支払をしないでください。
できるだけ、早く、弁護士に相談して、消滅時効を援用できる事案かの確認をすべきです。
fplawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

早々のご返答ありがとうございます。即時弁護士の方に相談をしてみます。本当にありがとうございます。

専門家:  fplawyer 返答済み 1 年 前.
こちらこそありがとうございました。
ご評価等必要なお手続きをお願いいたします。
質問者: 返答済み 1 年 前.

恐れ入りますが、もう一点だけ聞かせて下さい。

明日が期日になるので、明日、相手方に弁護士に相談する旨を伝えた方が良いのでしょうか。

度重なる質問で申し訳ございません。

専門家:  fplawyer 返答済み 1 年 前.
弁護士に相談するとはっきり言ってかまいません。
相手も、そうですか、では待ちます、という対応が殆どです。
質問者: 返答済み 1 年 前.

ありがとうございます。大変助かりました。

専門家:  fplawyer 返答済み 1 年 前.
こちらこそありがとうございました。

法律 についての関連する質問