JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
houmuに今すぐ質問する
houmu
houmu, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 975
経験:  行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
62663831
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
houmuがオンラインで質問受付中

自分の乗っている車を返却する義務や私は罪になってしまうのか不安なので相談です。 2014年8月に父が知り合いからも

解決済みの質問:

自分の乗っている車を返却する義務や私は罪になってしまうのか不安なので相談です。
2014年8月に父が知り合いからもらったというA車と私が以前乗っていたB車を交換してほしいと言われて車を交換し、A車は私の名義になった。
そして、父が2015年2月に亡くなりました。亡くなった後父には借金があることがわかり家族全員相続放棄しました。ところが、A車の前の持ち主が、実はA車は個人売買の契約を契約書交わして行なったもので、まだ車の代金が父親から未払いだから、車を返せ、話合いしたいと名義変更の手続きをしてもらったディーラーを通して言ってきます。
そもそも私はその契約すら知らないです。私には話し合いに応じる必要や返還義務があるのでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
A車は、父親の生存中に得たものであり、しかもB車という対価を引き渡したうえで入手されたものです。しかも、名義変更も正常に行われているということですから、返却の義務はありません。純粋にその知人の方と亡くなられたお父さんとの間に、未払い金があるという問題にすぎません。

ご質問者様の親族はみなさん相続放棄をされたということですから、自動車の売主の方は相続財産の中から支払いを受けることになります。
質問者: 返答済み 2 年 前.
詳細ではなくて申し訳ありません。B車の代金は父親に支払ったそうです。
今後の備えとして、もし職場に言ったりするようならば迷惑行為にあたると思うのですがどうしたら良いのか不安です。
専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
すみません、状況を勘違いしてとらえていたようです。
私の理解では、

・父親はA車を知人から譲り受けた
・ご質問者様所有のB車と父親所有のA車を交換した。
・父親はA車を知人に売却してた

と理解して回答させていただいておりましたが、上記はこの通りで、
加えて、B車を知人の方が購入する約束で、その代金を支払っていた(父親が受け取っていた)ということでよろしいでしょうか?

異なる点がありましたらご指摘ください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

A車は父が、B車はA車持ち主である知人が購入するという個人売買契約だったそうです。

専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
父親と知人の間の契約はその間で完結します。
そして、ご質問者様と父親の契約もその間で完結します。
物の流れは連続していますが、その効力が知人から父親を飛び越えてご質問者様
には基本的に飛んでくることはありません。

例外的に、自動車の名義変更がすんでいないままの場合などには、影響がありえますが、
こちらもご質問者様名義にきちんと変更されているということですから、問題ありません。

従って本件はあくまでも、知人の方と亡くなられた父親との間でのトラブルに過ぎず、
ご質問者様には、支払いをする義務も車を引き渡す義務もないものと考えられます。
houmuをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

私は返すつもりもないですが、それでも言ってくる場合の対策について教えていただきたいです。

また、こういう車に乗っていること自体が苦痛なので、車を下取りに出すことは問題をややこしくしないでしょうか。

専門家:  houmu 返答済み 2 年 前.
>私は返すつもりもないですが、それでも言ってくる場合の対策について教えていただきたいです。

まず、法律上義務のない行為を要求することは恐喝にあたりますので、このことを告げてください。そのうえで、義務がないことについて納得がいかないようであれば、二人で一緒に弁護士事務所や市役所などで実施されている法律相談に行って話を聞かれるというのも一手でしょう。
通常はここまでする必要はありませんが、どうしても積極的に白黒はっきりつけてあきらめさせたいということであれば、債務不存在の確認訴訟という方法が考えられます。(ご質問者様に、車の引き渡し義務や、金銭の支払い義務がないことを確認する民事訴訟)

>また、こういう車に乗っていること自体が苦痛なので、車を下取りに出すことは問題をややこしくしないでしょうか。
なんらかのアクションを起こすことは、さまざまなきっかけになります。
相手をあきらめさせるきっかけになる可能性はある一方で、逆に、よりしつこく連絡を入れてくるきっかけになることも考えられます。
法的な観点でいえばなんら問題なく、問題がややこしくなるということはありません。しかし、事実関係という意味でいえば、関係者が増える分だけ、相手が難癖をつける相手が増え、そういった意味で面倒なことになる可能性はあるかもしれません。
質問者: 返答済み 2 年 前.

わかりやすい回答ありがとうございました!

法律 についての関連する質問