JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2225
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

インターネットの掲示板でプライバシーの侵害と名誉権の侵害をしたとして 要した費用51万円とその投稿により被った損害

質問者の質問

インターネットの掲示板でプライバシーの侵害と名誉権の侵害をしたとして
要した費用51万円とその投稿により被った損害として100万の合わせて151万円請求されました。
この金額が妥当なのかを知りたいです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。
詳しい点を確認したいのですが、
>要した費用51万円とその投稿により被った損害として100万の合わせて151万円請求
→要した費用とは何に要した費用なのでしょう?また被った損害とは何でしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
要した費用はおそらく弁護士費用で発信者開示請求だと思います。
ネットの書き込みでプライバシーを侵害した事により
被った損害が100万以上あったと言われこの100万円はおそらく仕事の報酬の話だと思います。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
損害賠償は通常、受けた損害に対して支払われます。
したがって、相手が開示請求に要した弁護士費用は負担する必要がありません。
ただし、プライバシーの侵害や名誉毀損によって仕事に損害が出たというのであれば、その分を賠償する義務はあります。
上記の点からすると、相手の損害は100万円ということになり、51万円は支払う必要はないでしょう。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございます。
相手の本名を掲示板で晒してしまったので、もちろんこちらに非がある事は理解しております。大変相手方に申し訳ない事をしてしまいました。
相手方の弁護士が請求してきた金額が高額なこともあり
相手方は実際に100万円の損害あった事は証明する事はしてくれるのでしょうか?
請求金額を払わないと刑事民事に限らずあらゆるそちを取ります。と言われました。限らずとは他にどんな対処をされてしまうのでしょうか?
今の自分が置かれている状況を把握したいです。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
不法行為は被害者が損害を証明する必要がありますから、相手には実際に100万円の損害を証明する必要があります。ですから、質問者様は相手に損害の証拠を求めることが可能です。
刑事民事に限らずあらゆる措置とありますが、刑事事件と民事事件にするしか相手の取る方法はありません。
つまり、相手は示談を要求しているということです。質問者様が要求されたお金を払えば、示談が成立して刑事事件や民事事件にしない、ということでしょう。
質問者様の置かれている状況は以下の通りです。
1、相手の要求を全面的に受け入れてお金を払って、示談を成立させる。→この場合は示談により、刑事事件や民事事件になることを避けられます。
2、金額に納得いかないので、争うことにする。→その場合、相手が警察に被害届を出したりすると刑事事件となったり、相手が裁判所に訴訟を提起すれば裁判になる可能性が高いです。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
回答の閲覧後は返信または評価をお願いします。
質問者: 返答済み 1 年 前.

特定にかかった費用の51万円は支払う必要がないとの事でしたが、

全額を当方が負担することを認められています(東京地判平成24年1月31日、東京高判平成24年6月28日)

と、指摘されました。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
確かにそのような判例がありますが、だからと言って同じように調査費用が認められるとは限りません。

実際に他の地裁では調査費用を認めない判決もあったようです。判例があっても争うことは可能です。

参考:小笠原六川国際総合法律事務所ブログを引用
http://kandatomohiro.typepad.jp/blog/2012/12/20121230-1.html

法律 についての関連する質問