JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2272
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

昨年亡くなった祖父が親戚に2800万円の借金をしていました。 祖父が生きていた頃に元金は全て返済し、話は終わったと聞いていましたが、親戚から先日利子の請求があります。当時の利息な

解決済みの質問:

昨年亡くなった祖父が親戚に2800万円の借金をしていました。
祖父が生きていた頃に元金は全て返済し、話は終わったと聞いていましたが、親戚から先日利子の請求があります。当時の利息なら倍以上と言っていて、1000万以上の請求があります。
借用書や利子に関する書面は全くなく、故祖父が口約束したと言っています。
私達が返済するべきなのでしょうか?
そのような大金持っていませんし、借用書等書面がないのに、相手の言い値を払う必要はありますか?
どうすれば良いのか教えて下さい。
32歳 男
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。
借用書が存在していなければ、借金があったかどうかも定かではありません。
証拠がなければ裁判所でも認められるのは難しいでしょう。
したがって、そんな口約束をしたという信じがたい約束を鵜呑みにして払う必要はありません。
相手に対して「借用書などの証拠がないのに払えるわけがない。きちんと証拠を見せてから請求しろ」と主張しましょう。
不明な点があれば補足しますので返信してください。
質問者: 返答済み 2 年 前.
2800万円の借金をしていた事は事実で、祖父がが生前まで支払っていました。最後に元金を返済し話をつけたのは私の父です。その時私もこれで終わりだと聞いていました。1年以上前の話だと思います。
そして利子の支払いの話を親戚(祖父の義妹)が始めたのは最近です。
借金があった事は事実ですし、利子も発生する事はわかりますが、利子に関する書面等が全くない状況で、当時の利息を持ちだし1000万円以上の支払いを、父や孫の私が応じるべきなのでしょうか?
近い親戚ですので、今後の関係もありますのでもめたくないのもあります。しかし専門家を間に入れて話をしたほうが良いのでしょうか?
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
原則として、民法では個人間の金銭の貸し借りに利息は付きません。
したがって、利息の定めをした証拠(借用書など)がない場合は利息はないものとみなされます。
口約束など証拠がないので応じる必要はありません。
利息が欲しいなら、利息を定めたという証拠を見せろ、と主張しましょう。
証拠がないなら払う必要はありません。
不明な点があれば補足しますので返信してください。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問