JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1098
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

今日は。御相談があります。 実は職場でパワハラにあっています。 何をしても、行っても私が悪者にされて、何を言

解決済みの質問:

今日は。御相談があります。
実は職場でパワハラにあっています。
何をしても、行っても私が悪者にされて、何を言っても「言い訳をしている」や「頭おかしい」などと罵詈雑言を浴びせかけられています。
毎月〈面談〉と称して、他の社員は帰宅させ、別室によばれ、他の社員としゃべっていた内容や、出勤中の行動、休憩時間など事細かくチェックされ、「みんなあなたを見てるから!」と、まるで監視していると言わんばかりに脅されています。
時にはやってもいない事までいくら否定しても「あなたはやっています!」と、無理矢理謝罪させられ、販売員なのですが2、3ヶ月たらずで他の店舗に移転させられ、そこの店舗でも同じで他の社員と同じように働いているのにも関わらず、また監視しているように1日の行動や発言を上げて「あなたは頭おかしい!」などと言われます。他の社員は時間ギリギリに出社したり、休憩を規定時間以上とっていても「そんなはずはない!」と認めない所か「それはあなたでしょ!」と言われます。今いる店舗も3ヶ月の試験でそれ以降はわからないなどと言われて、不安を煽るように言われています。
面談の内容はレコーダーに録音してありますが、訴える他で何か方法はあるのでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
法律担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。
訴訟以外の方法でしたら、パワハラの行為者に内容証明郵便を送る方法があります。内容証明郵便はご自身で作成することも可能ですが、弁護士等の専門家に作成を依頼して送ってもらうことも可能です。内容証明郵便の内容はパワハラをやめなければ訴訟しますなどです。慰謝料を請求することも可能です。内容証明郵便は作成と郵送を専門家にお願いすれば、かなりの圧力をかけることを期待できます。専門家の中でも弁護士に依頼すれば、もっとも効果が期待できます。
会社のコンプライアンス窓口(パワハラ相談窓口など窓口の名称は各会社によって違います)に申告しておくのも1つの方法です。もし、そのような窓口がなければ法務課や人事課でも構いません。例え窓口が機能していなかったとしても申告しておくことはメリットがあります。そのメリットとは、従業員が会社に対してパワハラを申告すると、会社は公平に調査を行う義務があり、放置すれば安全配慮義務違反で訴えることも可能になることです。つまり、パワハラの行為者だけではなく会社に対しても訴えることが可能になります。
もし会社に申告しておいて放置するようなことがあれば、労働局のあっせんや労働審判という方法で解決を図ることも可能です。参考までに制度の内容について説明させて頂きます。
●労働局のあっせん
労働局の紛争調整委員会による「あっせん」とは、相対立する個々の労働者と使用者との間に弁護士、大学教授などの学識経験者である第三者が入り、当事者双方の事情を聴取、整理、相互の誤解を解くなどして、当事者双方の話し合いによる紛争の解決を目指す制度です。
労働局は各都道府県に必ず1つあります。
●あっせんのメリット
①非公開
②手続きが裁判ほど難しくない
②迅速な解決が期待できる
③本人が手続きすれば無料(特定社会保険労務士に代理を依頼すれば費用発生)
●あっせんのデメリット
①強制力がない(相手側があっせんの参加を拒否したり、参加しても和解案に応じる義務がない)
●労働審判とは
労働審判官1名(裁判官)と労働審判員2名(民間の労使の専門家)で構成される労働審判委員会が個別労働紛争を審理して調停による解決を目指します。原則、3回以内の期日で審理は終了します。調停が成立しなかった場合は審判が出されます。
審判が出ても紛争の当事者が納得出来ず、異議の申立てがあれば通常の裁判に移行します。
労働審判の申立ては地方裁判所にします。
裁判所のホームページ
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_02_03/index.html
●労働審判のメリット
①裁判に比べると迅速な解決が期待できる
②事案の実情に即した柔軟な解決が期待できる
●労働審判のデメリット
①通常の裁判に移行すると二度手間となる
②弁護士に代理を依頼すれば費用が発生
●あっせん→労働審判
あっせん不成立の場合、労働審判又は裁判に進むことができます。最初から労働審判又は裁判をすることもできます。
内容証明郵便、労働局のあっせん、労働審判などの方法は使わず、直接、パワハラの行為者と話し合いで解決を図ることもできます。もし、直接の話し合いで解決できたら費用がかかりませんのでより良いです。ただ、パワハラの行為者と直接、話し合いといっても心理的に精神的に難しいこともあるでしょう。その場合は、専門家の力をかりて内容証明郵便を作成してもらうとか、労働局のあっせんの代理を特定社会保険労務士に頼むとか、労働審判や訴訟の代理を弁護士に依頼すると良いでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.
実際訴訟を起こす方が問題が解決する可能性が高いのでしょうか?
勝訴する可能性はどれぐらいか教えて頂きたいです。
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.
法律担当の特定社会保険労務士です。
証拠がどれだけあるかが重要です。証拠があれば訴訟せずとも話し合いなどで相手側に証拠を提出すれば相手側も訴訟をするのはなるべく避けたいでしょうから和解の可能性が高くなります。証拠がもしなければ、あるいはあったとしても弱かったりすれば相手側もそれを知ると強気な対応になるでしょう。そうすると、話し合いでの和解の可能性が低くなります。
勝訴する可能性についても証拠がどれだけあるか、証拠の内容、証言者の有無や発言内容などで変わってきます。
もし、実際に訴訟をされる場合は、弁護士事務所に行って、録音の内容を聞いてもらい、その他、メモや書類があれば見てもらって、ある程度の見込みを出してもらうと良いでしょう。
過去にご相談頂いた方にも弁護士事務所にパワハラの相談に行ったが依頼を弁護士に受けてもらえなかったということはけっこうあります。
ekotaeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
解りました。
ありがとうございます。

法律 についての関連する質問