JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級FP技能士・CFP
71156846
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

中古車店で自分の車両を売ったのですが、車にクレジット付のETCを抜き忘れた自分がいけないのですが、お店の方にカード

解決済みの質問:

中古車店で自分の車両を売ったのですが、車にクレジット付のETCを抜き忘れた自分がいけないのですが、お店の方にカードを使用され、明細書で使用されているのに、気づきお店に連絡しても、すいませんでした。と言われて次の月も使用されました。
5万位しようされたのですが、警察に被害届を出したほうが良いのか、お店側はなかったことにして欲しいと言っています。その場合は示談金とか発生するのでしょうか?また、示談金はどのように決めてよいのか、教えてください。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  fplawyer 返答済み 1 年 前.
弁護士です。
お答えいたしますのでよろしくお願いいたします。
あなたに対する横領か、クレジットカードを使った店に対する詐欺罪になり得る行為ですので、警察に相談して良いと考えます。
ご質問者様に生じた損害(クレジット立替金の支払い義務)については、賠償請求権が発生します。
ただ、知り合いと言うことですから、穏便に済ませるのに、示談をしてもいいでしょう。
金額ですが、まず、具体的にご質問者様に生じた損害額は請求できますので、クレジット利用で生じた立替金額は含めます。
また、ほかに実害(カードの停止の諸手続で費用がかかったなど)が生じていたらその金額を含めます。
それ以外は、精神的損害を補填する慰謝料か、紛争を解決するという趣旨の金銭請求ですが、はっきり申し上げて、5万円相当の横領等の事案で、相場みたいなものはありませんので、気の済む額というほかありません。
裁判にした場合、おそらく慰謝料も20万円を超えることはないと思われます(基本的に財産的損害に関しては、実害を補填されたら精神的損害も補填されるという考え方で、慰謝料は認められないことが多いので、そもそも慰謝料が認められないという余地があります。)。
損害金のほかに5万~30万円の範囲で決めるのが穏当かと考えます。
ご検討下さい。
質問者: 返答済み 1 年 前.
補足ですが、住民票を私に許可なく、取得し、車の名義人もされたのですが、その示談金も5万~30万の範囲なのでしょうか?
専門家:  fplawyer 返答済み 1 年 前.
その業者の住民票の利用目的は何でしょうか。
また、「車の名義人もされた」とは具体的にどいうことでしょうか。
補足お願いいたします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
当初の予定では、私の車両を売った金額で、違う車両を購入をしようとしていました。
購入車両が決まり、駐車場を」契約するにあたり、購入予定の車両の車検証のコピーを
頂きました。(マンションに提出する為)ですが、車両購入を決めてから4か月以上、車
の売買をしてくれず、念のために車検証のコピーを持っていました。
しばらくして、店から車を渡すとのことで、車検証のコピーが送られてきて、住民票を渡してないのに、自分の名前、住所が記載され、車体NOが違う車で登録をしていました。
本人に問いただすと、忙しそうだから代わりに自分が(店が)住民票を取得した。
車両は登録を委託した会社が間違えた。と。
本人はあくまで、住民票は良かれとおもって。
しかいいません。
この場合は、非はないのでしょうか。
専門家:  fplawyer 返答済み 1 年 前.
お答えいたします。
自動車を購入した際に、登録手続きのための住民票取得を依頼していないのに、取得したということですね。
明確に委託していないのですが、相手からすると、前提だったということになるのでしょう。
売買には、諸手続費用など入っていませんか。
慣行上も、販売業者が代行して取得することはよくあることですから、
住民票取得を含めた手続を委託していたとされる場合もあるでしょう。
厳密考えると、今回の売買の趣旨に、住民票をとることまで委託されていたか否かということになります。
具体的な契約内容や従来この店で取引したときにどのようにしていたかなどの事情によって、黙示的に委託していた、という認定になることもあろうかと思います。
このような問題もあることを踏まえれば、本件で、これ自体を慰謝料等の発生事由と考えるのは難しのではないかと思います。つまり、これだけで、示談金等の増額の理由にはしがたいと思います。
ただ、カードを勝手に使ったことをメインして、全体的な解決を話す中で、相手を非難するものとして、交渉のときに文句を言うのは問題ありません。
fplawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございました。

法律 についての関連する質問