JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級FP技能士・CFP
71156846
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

初めまして。nと申します。 私は数年前にクレジットカードで支払い遅延(半年程)をしてしまい、完済はしたものの、それからクレジットカードの審査が通らなくなってしまいました。

解決済みの質問:

初めまして。nと申します。
私は数年前にクレジットカードで支払い遅延(半年程)をしてしまい、完済はしたものの、それからクレジットカードの審査が通らなくなってしまいました。
ネットで検索したら、①払ってないお金をすべて完済する②司法書士か弁護士を通じて債務整理をする これに加え5年経過することが『異動』を取り消す条件とありました。
これは本当でしょうか。また、この場合の債務整理とは何ですか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士・1級ファイナンシャルプランニング技能士です。
お答えいたしますのでよろしくお願いいたします。
審査の簡単な説明から述べますので少し長いですがご了承ください。
貸金業者(信販・クレジットカード会社等含む)は、信用情報機関に登録されているあなたの信用情報(年収や支払状況等など収支に関する情報)を共有することができます(信用情報機関への登録は、貸金契約の際に、通知する旨の契約になっているので、契約時に申告した内容や、その後の返済状況等が蓄積されています)
貸金業者は、この登録されている情報を元に、各会社独自に、融資するか否かの審査をします。
過去に半年遅延したことがあるということですので、この情報が登録されており、この情報を見て、審査した結果、クレジットカードの審査が通らなくなっていると考えられます。
(なお、完済した情報も登録されているはずです)
審査を通すか否かは各社の独自の判断なので、過去に半年遅延があっても、現在は問題ないとしてクレジットカードを発行する会社もあり得ますし、遅延から年月が経っているとか、現在の収入が多くなっているなどの事情などによって審査基準をクリアーする、という場合もあり得ます。
そのため、一律にクレジットカードの審査が通らないとは言い切れません。
さて、上記の信用情報は、信用情報機関によって異なるのですが、5年、7年という一定の期間の経過で自動的に抹消されます(未払いが残っていれば、それはずっと残ります。5年経過しても、その時点で未払いがある、ということになるからです)。
そこで、その情報が抹消された後は、審査の際、抹消されている情報を考慮することができないので、申込み書等で申告した内容(そのときの収入や家族構成など収支に影響する事情)をもとにして、審査されます。
さて、登録情報は、誤登録がない限りは、抹消されず、上記期間経過によってしか抹消されません。
これは、弁護士等が債務整理を行っても同じです。
弁護士等が債務整理を行うとその旨登録され、これがさらに審査の際考慮されます。
なお、債務整理とは、破産、民事再生、任意整理(協議して分割等の弁済すること)、特定調停など、債務の返済に関する協議等も含まれます。
以上のとおりですので、遅滞が生じた事実は登録情報として残りますし、これが全額返済されている事実も登録されています。
これは、今から弁護士等が介入しても異なりません。
そのため、将来クレジットカード審査に有利になるようという意味で、ご質問者様として、できることは、現在残っている借入があれば約定どおり返済する、収入を上げるなど、です。
あとは、期間の経過を待つほかありません。
ただ、抹消前にも審査が通る可能性が全くないとはいえないことは既に述べたとおりですので、クレジットカードの申込みは、されても良いでしょう。
ご検討ください。
fplawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問