JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4696
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

実母が亡くなり父は再婚しました。その後、父もなくなりリ現在、実家は後妻がいます。私と後妻は養子縁組みははしていません

質問者の質問

実母が亡くなり父は再婚しました。その後、父もなくなりリ現在、実家は後妻がいます。私と後妻は養子縁組みははしていません。実家名義が父、後妻2つのケースの士場合に自分名義に変更する方法を教えて下さい。私には姉2人がいますが2人とも私の名義にすることは合意しています。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思います。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、お父様の相続の問題と言うことですね。
少し詳しい事情がご不明なので、分かる範囲でご回答致します。
お父様の相続権は、再婚をされているので、その後妻の配偶者の方と
ご相談者様を含むお子様3人にあります。
法定相続では、後妻の方が財産の全体の2分の1で、残りの2分の1をお子様3人で
分けることになります。ここは既にお分かりと思います。
次に、今回の相続でお父様の遺言があるかどうかです。
遺言があれば、それに従いますが、すべてを後妻に相続させるとなると
遺留分減殺請求の問題が出てきます。
遺留分は、お子様達全部で考えると、全体の4分の1になります。
財産が、不動産以外にあるのかどうかですが。
遺言が無ければ、遺産分割協議をして遺産分割協議書を作成することになります。
それでは、実家名義が、お父様とします。
その場合、遺言があれば、それに従いますが、相続人全員の合意があれば
遺産分割協議で自由に決められます。
遺言が無ければ、遺産分割協議になります。
義母様が、従わない場合は、家庭裁判所の遺産分割の調停をすることになります。
次に、名義が義母様の場合です。
既に名義が義母様の場合は、生前贈与がされていると言うことですから
基本的に、ご相談者様達には、義母様の相続権が養子縁組をしてないので
何も出来ません。そもそも、その場合は、不動産は相続財産ではありません。
場合によっては、特別受益として特別受益の持ち戻しと言う考え方もありますが
難しい部分はあります。争うなら、やはり家庭裁判所の調停になります。
とにかく、遺産分割協議書でご相談者様が不動産を相続すると出来れば
所有権移転登記が可能です。
頑張って下さい。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご回答ありがとうございます。遺言はありません。義母とはまだ話しはしていません。現在判っていることは実姉2人は私の名義に変更することに合意していることです。義母が合意した場合は財産分割協議書を作成するだけで良いのでしょうか?また懸念事項は父が亡くなって15年以上経過にいることです。何卒、ご教授下さい。
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.
ご相談いただきまして誠にありがとうございます。
追加のご質問に分かる範囲でご回答致します。
既にお父様が亡くなって15年経っていますので、
家庭裁判所の相続放棄はお姉様達は出来ませんが
遺産分割協議書の上での相続放棄は可能です。
遺産分割協議書は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されれば
スムーズに作成が可能です。
遺産分割協議に時効は無いので、15年後だろうが構いません。
頑張って下さい。

法律 についての関連する質問