JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表。
60879286
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

既婚女性と未婚男性の間に子供ができて、男性側が自分の子と認めない場合、認知や養育費の請求は無理だと承知していますが、

質問者の質問

既婚女性と未婚男性の間に子供ができて、男性側が自分の子と認めない場合、認知や養育費の請求は無理だと承知していますが、何らかの請求や、DNA鑑定をさせて自分の子供と認めさせる方法はありますか?女性から男性への請求です。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sakurabito 返答済み 2 年 前.
こんにちは、質問を投稿いただき誠にありがとうございます。
話し合いによる任意での認知が難しい場合は、家庭裁判所に認知調停を申し立てるのが次の手段になります。
調停では交際当時の話を聞いたり、DNA鑑定を行うことになります。
DNA鑑定を行えばおのずと結果は明瞭になり、双方が認知に合意するなら合意に相当する審判がなされて親子関係が確定することになります。
DNA鑑定を男性が拒否したり、鑑定結果で親子関係がはっきりしても、なお、調停で男性側が認知を認めない場合、さらに認知を求めるのであれば、訴訟を提起する必要があります。
認知届けを出すことが出来たら、養育費の請求をされると良いでしょう。
裁判所のHPにも手続きについて説明されていますが、時間のある時に、一度、最寄りの家庭裁判所に手続きの相談に行かれると良いと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

1回目の質問に記載してある通り、女性は既婚で、認知や養育費の請求は求めていません。できるとも思っていません。

その上で、DNA鑑定を請求して、生物学的父親である旨、証明したり、「関係ない」として逃げたことに対する何らかの請求をすることは可能ですか?

不倫の罪は当事者双方同じで、子供ができたことに対する責任も男女双方にあると思っています。女性の体に子供が宿るからといって男性は「関係ない」で済まされて、女性だけ、おろすにしても、育てるにしても、経済的、精神的マイナスの面を全面的に引き受けるのは納得できません。例え女性が既婚でも当事者二人の関係性で見れば、責任の割合は同じだと思っています。おろすことにも協力せず、もちろん育てることにも、産むことにも協力する気はなかった場合、何らかの請求は可能ですか?

法律 についての関連する質問