JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4803
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

こんばんわ。ご相談何ですが私の両親は私が小さい時に離婚しています。その後両親とも再婚しました。父は相手も一度離婚して

解決済みの質問:

こんばんわ。ご相談何ですが私の両親は私が小さい時に離婚しています。その後両親とも再婚しました。父は相手も一度離婚していてその娘さんは元旦那さんに引き取られ父の戸籍には入っていません。私は母に引き取られましたが成人してから父とも交流がありました。9年位前に父名義で家を建てたのですがその時に奥さんの娘さん夫婦も同居することになりました。その一年後に奥さんが病死し、娘さん夫婦との関係が上手くいかなくなり娘さん達は出ていきました。その後父は一人で暮らしていて私もたまに遊びに行くようになりました。その後父に病気が分かり私が最後を看取ったのですが、法定相続人の私は司法書士の先生にお願いし、全ての財産を相続しました。戸籍等も確認し特に問題もないと言われています。今年家などの維持が難しくなってきた為家を売却したのですが、その際位牌等今後の事もあるため奥さんの娘さんに連絡して今後どうしていきたいか確認したいと伝えたのですが、今日になって連絡が来て、勝手に相談もなく家を売るのはおかしい。奥さんの親戚も怒っているから説明しろと言われました。娘さんいわく家を建てる際に奥さんもお金を出している。私も出したからとの事。私は今までそんな話を聞いた事なく、奥さんが亡くなった時にどんな相続があったか分かりません。この場合私は娘さんや奥さんの親戚に何か支払わなくてはいけないんですか?どうして親戚まで出てくるのか分かりません。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、離婚による連れ子問題の相続トラブルはよくあるものです。

今回も、所謂、法的な問題と言うよりも、感情的なもつれでしかありません。

感情的な問題は、法的な問題よりもこじれると厄介です。

そもそも、お父様に関しては、相手の娘様達は養子縁組をしていないので

そこは、相続人ではないので、全く関係ありません。

再婚された奥様は、当然、お父様と相手の娘様が相続人にとなりますが

相続税の関係から、配偶者が全部相続する方が有利なので、そうした可能性もありますが

当然、お父様が亡くなったら、相手の娘様は相続権が無いので

自分には相続が無いことは分かっていると思います。

お金を再婚された奥様が支払ったからと言うのは、相続が終わった時点では言いがかりに

過ぎません。

その辺りのことを、内容証明で説明して、応じないなら、家庭裁判所の調停でも

申立てると主張されると良いでしょう。

内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると

相手に本気度が伝わりなめられずに済むでしょう。

行政書士の先生が比較的お安いです。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 2 年 前.

ちなみに娘さんから奥さんの時の相続の事を言われたら私に関係ありますか?後、お墓や仏壇等も私が管理していますが最終的には永代供養も考えています。そのときは全て私が支払うものなんですか?

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

再婚の奥様のお墓と言うことでしょうか?

基本的には、血縁関係が無いので、祭祀承継者は相手の娘様ですから

費用の請求もあり得るかもしれません。

奥様の相続に関しては、相続人の全員が合意すれば、遺産分割協議を

やり直すことは可能です。代襲相続人と言うことでご相談者様も関係することになりますが

そこまで問題になったら、家庭裁判所の遺産分割の調停を申し立てた方が

法的にはっきりするでしょう。普通は、そこまではしません。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問