JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4810
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

≪すでに贈与された不動産の取消しに関する相談≫ 認知症になった母親の財産保全に関してですが、20年ほど前に子供(長男)の借金の連帯保証人であったためにその返済請求による母親の自宅

解決済みの質問:

≪すでに贈与された不動産の取消しに関する相談≫
認知症になった母親の財産保全に関してですが、20年ほど前に子供(長男)の借金の連帯保証人であったためにその返済請求による母親の自宅の差し押さえを避けるため、同居する3男家族へ贈与という形で権利者を分散しましたが、そのリスクが去り、また同居していた家族との確執があったため、分散した名義をいったん母親の名義に戻したいと思っているのですが、法律的に取り戻す方法はあるでしょうか。また不動産名義は、もともとは、亡くなった父の名義になったまま20年間そのままになっており遺産相続による名義変更が併せて必要になっているところです。なお、認知症の母親には、成年後見人の手続きがなされ次男が後見人ですが、現在母親の貯蓄がわずかしかなく今後に対してもきちんと財産保全をしてやりたいのですが。 ご意見よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それはいろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、ご相談者様は、そのご長男様にあたる訳でしょうか。

既に20年前の話であり、贈与による所有権移転登記もされているのではないでしょうか?

また、借金返済を避けるために、意図的に贈与したとなると

債権者の詐害行為取消権があるので、贈与を解除すると言うのも不都合かもしれませんし

詐害行為取消権の消滅時効が20年なので、債権者に疑念の思いを与える可能性もあり

ご長男様の信用問題もあり得るかもしれません。

そう言う意味では、成年後見制度を利用していても贈与は受けられるので

再度、お母様に三男様が贈与すると言うことでも良いかもしれませんが

三男様が、きちんとお母様の経済的な面倒をみると言う形にされても良いかもしれません。

相続の時に、お母様の財産で争うことも想定されているのかもしれませんが

三男様に対する贈与は、特別受益となる可能性があるので、

特別受益の持ち戻しをして、相続人での分配になると思われます。

とりあえず、どうしても贈与を取り消したい場合は、相手が応じない以上

家庭裁判所の調停を申し立てると良いでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 2 年 前.

返信いただき有難うございました。結論から言いますと家裁に調停の申し立てることがよいと思いました。私は次男で母親の成年後見人ですが実は、母親は兄の法的な連帯保証人になっていたわけでなく、やくざまがいの高利貸しに、兄に債務返済が及んだ場合、その家族も債務負担を強いられて家も持っていかれるのではないかとの恐れから対抗する一時しのぎとして贈与という形で分散したもので、実際は借用書もなかったようで、何もなく終わったようでした。確かに、民法の708条だったでしょうか不法原因給付に当たるようでしたが、実際に法的に保証人だったわけではなく、単に頭で想像してそれに備えて分散しただけであり、形は贈与なわけです。それでも不法原因給付にあたるでしょうか?もし何かアドバイスいただければうれしいです。なお、3男家族は認知症になった母親に対して今後面倒見れないと宣言しましたので、仮に贈与であっても、贈与の前提条件の改変により、贈与契約解除の申請が法的にも認められるものではないかと考えていますがそういう理解でよろしいでしょうか。

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

追加のお話から、ご相談者様はご次男様と言うことですね。

借金の返済において、連帯保証人にでもなってなければ、家族に対しても

請求権はありません。とは言え、20年前なら、そのこともわからなかったかも

しれませんね。

仮に、不法原因給付とすると、逆に贈与の返還義務はありません。

それよりも、負担付贈与契約であったと主張して

お母様を面倒みないなら、契約違反と言うことで返還せよと言う考え方は

あるでしょう。

お母様の面倒をみることを約して不動産を贈与したと言う契約です。

不動産の所有者がどうなっているかわかりませんが、贈与契約書が無いと

本来は、所有権移転登記は出来ませんが、20年前だと微妙かもしれません。

いずれにしろ、お考えの通り、調停を申し立てるとなれば、相手も譲歩してくるかも

しれませんね。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問