JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4911
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

お世話になります。私は***というサイトで初めてのネットショッ

解決済みの質問:

お世話になります。

私はショップサーブというサイトで初めてのネットショップを立ち上げました。
その翌日にショップ用の電話番号に電話がかかってきました。 SEO業者の*****いうところです。

私のショップの商品が検索上位に表示されるようにするということで、私はてっきりその業者はショップサーブの方かと思い、何の疑問も無く話を聞いていました。

営業電話がかかってくるということも知らなかったもので…。

40分程の電話でした。 「他の業者は50万円です。信じられないでしょ?うちは月1万円です!」と言われ、 月1万円なら…と思い、「お願いします」と答えました。

検索に引っかかるように3つのキーワードを決めて下さいました。(本来はキーワードは自分で決めるもので、業者が決めるなどありえないことだそうです。

後にyahoo!知恵袋で経験者の方に教えて頂きました。)

そして、そのまま契約したことになったようです。

ショップの内部対策をするからとショップサーブ管理画面のID、パスワードを聞かれました。

そして、こちらの決済代行会社で決済をするので、と、クレジットカードの番号や名義など詳細を聞かれました。

危機管理能力が低かった私に問題があるのはわかっておりますが、軽率でした。

その時点でわかっていたことは「月1万円で」「私のショップ管理画面にログインして内部対策をする」「私のショップを検索に引っかかりやすくしてくれる」ことだけでした。

40分の1本の電話で契約→支払い(クレジットカード情報提供)までもっていかれたことになります。 電話を切った後メールを送るので、そのまま返信するように言われました。

そして、メールで「申込書」と題されたものが届きました。

そして、そのまま何も記入せず空返信を致しました。

その時に初めて契約内容がわかりました。期間も、合計金額も。

ご決済日 :平成27年6月17日
ご対策期間    :24か月間
合計金額 :349,920円 (税込み)

そして、一括で請求するのでご自身でカード会社に連絡をして分割払いにするようにと言われました。

生憎私のクレジットカードは30万円までしか分割対応出来ない為、一括で支払うことになりました。

そのメールにはこうありました。

> 【クレジットカードご決済の手順】
>
>  ※ご決済予定日に弊社より決済フォームURLをメールにてお送りし、
>     ご決済フォーム画面にて必要事項のご入力を頂くか、お客様よりお預かりをした情報を
>     弊社にて決済代行会社決済フォームにご入力を行う。

「お客様よりお預かりした情報」がクレジットカードのことのようです。

また、

>  <キャンセル料>                                        
>   弊社へのお客様からのお申込書返信をもちまして、契約成立と致します。
>   お申込後、媒体審査中、審査後のキャンセルはお受けすることはできません。

とありました。
空送信したメールによって契約が成立となったようです。
送信したメールを確認しましたが、私は一言も挨拶をせずメールを送ることが無い為、何かおかしいなと思いました。

・内部対策をする為に管理画面のIDとパスワード(後で変更しても良いのでとのこと)

・クレジットカード詳細

1本の電話の中で上記を渡し契約に持ち込まれてしまいました。

その後「こういう内部対策をしました」との報告のメールが来ました。
向こうから届いたメールは全部で7通です。

こちらからメールで問い合わせをしても、記録に残したくないのか必ず電話がかかってきました。

一括で払うのは難しい旨を伝えましたら、有料で対応可能と言われましたが、
これ以上お金は払いたくなかったのと、とても怖かったのとで「こちらでどうにかします」と逃げるように電話を切りました。

対策完了メールが6月22日、こちらからの問い合わせの返信が7月9日。

24か月間対策してくれるという契約内容でしたが、それ以降音沙汰なしです。

メールでも「法定書面」になるのでしょうか?

クーリングオフはもう無理ですよね?

証拠はメール、クレジットカードの請求明細、ショップの内部対策をしてある部分、しかありません。

内部対策をしてある以上、業務は遂行されたことなり、もうどうにも出来ないのでしょうか。。

泣き寝入りはしたくないのですが、弁護士さんにお願いするお金もありませんし(父親に収入がある為法テラスの支援は受けられません。また、私の現在の収入は身体障害者年金のみです)

私は何処へ助けを求めれば良いのでしょうか?
長々とすみません。どうぞ宜しくお願い致します。。

追記

クレジットカードの請求書です。

何故か6つに分けて請求してありました。問い合わせたところ、決済代行会社がやったことだと言われました。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お困りのことと思います、

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、IT系の業者の営業は、ほとんどが詐欺紛いと言われています。

特に、一般の消費者であれば、消費者保護法で守られているのでクーリングオフ等が可能ですが

ご相談者様は、最低でも個人事業主だと思いますので、消費者契約法等が適応されません。

そうなると、業者との合意解除しかありません。

基本的に、それが業者側の狙いとも言えます。悪質です。

とりあえず、消費者ではありませんが、国民生活センター(国の運営)か消費生活センター(自治体の運営)に

ご相談されてみて、対応できないと言うことであれば、経済産業省の中小企業課に

ご相談されてみて下さい。

また、まだ、お金を支払ってないのであれば、クレジット会社に連絡して

支払の停止を伝えて下さい(支払停止の抗弁権)。

詐欺にあったと伝えて下さい。

とりあえず、業者側のいろいろな説明不足があると思いますので

債務不履行による契約の解除と損害賠償請求を申出て下さい。

もしくは、そんなにお金がかかるなら最初から契約をしなかったと

民事の錯誤無効による契約の取り消しを申出ます。

内容証明でされると良いでしょう。

内容証明の作成は、ご自分でも出来ますが、民事法務専門の行政書士の先生なら

3万円程度で作成はしてくれると思います。

専門家の方が作成した方が、相手側に本気度が伝わりなめられずに済むでしょう。

相手が、応じなければ、民事調停を申し立てると主張されると良いでしょう。

それと、この手の問題はごね得と言うのはあるので、責任者と話がしたいとか

どうしても解約がしたいと繰り返し伝えて行くことです。

全く無料と言うことは難しいと思いますが、1月分ぐらいのキャンセル料で済む場合も

ございます。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

こんばんは。

お忙しい中ご回答ありがとうございました。

私は今はまだ個人です。

個人事業主の書類は用意してありますが、まだ提出はしておりません。

ショップサーブでの出店に関しても、個人での出店となっております。

回答を頂けるまでの間、色々調べたり行政書士様に問い合わせたりしていたのですが、こういう返事を頂きました。

メールでは法定書面になりません。
したがって、クーリングオフの法定書面の交付という要件に
該当せず、クーリングオフを行使することができます。

SEO業者の****という会社の住所が特定できれば、
クーリングオフ書面をその会社に郵送することによって、
35万円を返してもらうことができると思います。

SUPERTONTON様も行政書士様とのことですが、こういう場合でしたらどういう見解になりますか?

お金は既に支払い済みです。

カードローンを組みやっとやっとで支払いました。

債務不履行による契約の解除と損害賠償請求

ショップの内部対策を既にされていても債務不履行に出来ますか?

ごね得を使いたいのですが、相手がとても怖いです。。

****株式会社のHPを見ると何かと曖昧ではありますが、顧問弁護士がいらっしゃるようです。。

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

いろいろな方にご相談されていて、ご相談者様も大変ご不安なことだと思います。

個人事業主の手続きをしたから個人事業主と言うことではありません。

それは税金の問題になってきます。

個人の副業の場合も、厳密には事業主と言う扱いになり

副業の詐欺まがいの場合も、クーリングオフが出来ないこともあります。

そこは、あまり期待されない方が良いかもしれません。

その辺りは、国民生活センター等にご相談されても言われることかもしれません。

最近では、メールでの契約も法的に認められていることも多いのです。

確かに、一般個人の消費者であれば、書面を渡されてから8日間と言うのはあります。

それでも署名捺印をしてないと言うのは、確かに問題は有りそうです。

債務不履行になるのは、営業がプラスの儲かることばかり言って

リスク説明をしていないなどあると思います。

リスクがあれば、契約はしないと思います。事実、SEO対策は売り上げにはほとんど効果はありません。

とりあえず、クーリングオフが出来るなら、時間の問題もありますので

先に相手に伝えてみて下さい。

国民生活センターにも今回のケースをご相談されてみて下さい。

効果が無い時には、債務不履行や錯誤無効で対応してみて下さい。

契約の解除と言うのは、最初から契約しなかったことなので、相手が作業をしていようが

関係はありません。

ごね得は、ご相談者様のご親族様や友人が代理で交渉されても構いません。

報酬をもらわないのであれあば、専門家以外の誰が代理しても問題はありません。

ご協力をしてくれる人がいれば援助してもらいましょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 2 年 前.

詳しく説明をして頂きありがとうございました。

色々調べつつ頑張ってみます。

本当にありがとうございました!

法律 についての関連する質問