JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1102
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

お世話になります。 ご相談は2点です。 ①突然無断欠勤をし、以後全く出勤しない従業員A子への給料支払いについて

解決済みの質問:

お世話になります。 ご相談は2点です。
①突然無断欠勤をし、以後全く出勤しない従業員A子への給料支払いについて
②A子の無断欠勤により、店が被った金銭的被害について、A子に弁償してもらえるか?
の2点です。
①当方は居酒屋を経営しています。従業員A子が、7月中旬、突然無断欠勤をし、何十回となく電話をしても出ようとせず、全く連絡が取れなくなりました。 店ではトラブルは一切なく、1点だけ、繁忙日(お盆)の1日だけ、休みを変更して出勤できないか、本人に相談した事のみが、無断欠勤の原因か?と思われますが、全く強制ではなく、他の従業員も店からの依頼でも、無理な場合はすべて、従業員の希望に合わせています。
8月にはいり、7月分の給料を取りに来るようはがきで連絡したところ、突然弟と名乗る人物が代わりに取りに来たいと電話連絡がありました。  しかし、履歴書には、家族構成として、母と三姉妹のみとあります。店としては、本人からの委任状と領収書を持参したら、支払ってもよいか?と悩んでおります。
②繁忙時期のA子の突然の無断欠勤のせいで、深刻な人手不足に陥った為、急遽、人材募集会社に広告を依頼し、現在も募集を続けています。その費用が、約7万円ほどかかります。
A子に給料を支払う際、半額でも、彼女の給料から差し引いても、法律上、大丈夫でしょうか?
以上、近いうちに、弟そ称する人物が、給料を受取りにくる様子で、店として、対応に苦慮しております。  先生にご指導いただければ、大変たすかります。何卒、よろしくお願い申し上げます。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

法律担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

労働基準法24条により「賃金は通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない」と定められています。

「直接労働者」にとなっていますので、本人以外の者に支払うことは労働基準法違反となります。

したがって、弟と名乗る者に支払ってはいけません。

委任状と領収書があっても支払わないほうが良いです。本人以外の者に支払うことを禁止しているのが労働基準法24条です。

仮に弟と名乗る者に支払って後から本人から請求があったときは本人にも支払わないければいけないことになりかねません。ましてや履歴書に書かれていない者ということですので弟を名乗る者に支払うのはリスク大です。

したがって、本人が受け取りに来るまで保管しておくか、あるいは連絡はとれないということですが今一度、本人に連絡をとって本人の銀行口座に振り込むことの同意を得るかです。

>A子に給料を支払う際、半額でも、彼女の給料から差し引いても、法律上、大丈夫でしょうか?

→ 労働基準法24条で全額払いの原則が定められており給料から損害賠償額を引くことはできません。働いた分の給料は支払い、損害賠償請求は別途、行う必要があります。

ekotaeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問