JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表。
60879286
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

不倫による損害賠償を請求されました。 不倫相手の妻から精神的苦痛の損害300万と相手が飲食・プレゼントに使ったのは家計からだったとして150万、計450万請求されています。

解決済みの質問:

不倫による損害賠償を請求されました。 不倫相手の妻から精神的苦痛の損害300万と相手が飲食・プレゼントに使ったのは家計からだったとして150万、計450万請求されています。 不倫相手は45歳、私は30歳で、不倫交際期間は1年です。相手の婚姻歴は20年です。 私に元々あった精神的に不安定な面がどんどん悪化し、治療をはじめるためにも解消しようとしていた矢先でした。私は自分のしたことを深く反省しており、謝罪文と誓約書は送ったのですが、450万もの大金を用意できずどうしたらよいのか悩んでいます。
言い訳に聞こえるかも知れませんが、交際前に夫婦関係は破綻していると聞いていました。ただ別居にいたっていないことはしっていました。また普段使っているお金は家計とは別の自分が自由になるお金だと聞いていました。
私は減額してもらえるよう交渉したいのですが、どのような内容で、どのように交渉が可能か教えてください。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
質問者: 返答済み 2 年 前.
Relist: I still need help.
専門家:  sakurabito 返答済み 2 年 前.
こんにちは、質問を投稿いただき誠にありがとうございます。
相手方夫婦は今回の不貞が原因で離婚するのですか?
それとも、離婚しないで済むようですか?
不貞の慰謝料は離婚するかしないかで大きく変わります。
正直申しまして、同居している状態で破たんを証明するのは困難です。
慰謝料のほかに150万円も損害金を支払う必要はないと考えます。
特別高価な金品を男性からもらっていないのであれば、仮にその消費の額が正しいとしても、その利益は男性と共有したものであり、あなた一人がその責任を負うのはおかしなか話です。
離婚しない場合の慰謝料の額は数十万から150万くらいが裁判の平均の統計のようです。
離婚しても200~300万くらいでしょう。
とすると現在請求されている合計450万円は離婚するとしても高いように個人的には思いますし、共同の不法行為である不貞行為であなただけが単独で全責任を負うことも不公平とも言えます。
男性と連絡取れないのであれば、男性への求償権を行使しない約束をするかわりに慰謝料の額を一般的な数値の半分にしてほしいと言ってみてはどうでしょうか?
また、職場の上下関係で断れなかったとか、別れたいと言っていたのに男性が脅迫や脅しの行為を行って応じなかったなどの特別な事情を証明できるならその事情も減額の理由にしてもいいように思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

回答ありがとうございます。続けて質問させてください。

2度と接触しないよう誓約書を求められ提出しているので、離婚はしないと思っているのですが間違っているでしょうか?

まとまったお金が用意できないので分割や総額の相談をさせてほしいとお願いしたところ、相手の弁護士は、執拗に親に頼んだのかと聞いてきたり、勤務先名を聞いてきたりします。

また少しでもまとまったお金を作るよう言われ、「売れるものを売ってお金に換えてみる」と答えたところ、「あるもの全て処分していただいてまとまったお金がいくらなのか連絡ください」と言われました。

弁護士から親に連絡がいくようなことはあるのでしょうか。

勤務先を答えないことはなにか影響はあるでしょうか。

「あるもの全て」という言い回しに不安を感じるのですが大丈夫でしょうか。

専門家:  sakurabito 返答済み 2 年 前.
>2度と接触しないよう誓約書を求められ提出しているので、離婚はしないと思っているのですが間違っているでしょうか?
断片的な情報で外部から判断できることではありませんので、弁護士がついているなら弁護士に確認されるのも方法かと思います。
親兄弟であっても、借金は強要できるものではありません。
また、個人のプライバシーにかかわることですから、親に連絡することはしないと思います。
親にだって断る権利はあるのです。
財産についても生活できなくなるほど処分する必要はないのです。
弁護士あいてに個人で話し合いを求めるのが重荷であるなら、簡裁に調停を申し立てて裁判所で話し合ってみてはどうですか?
一度、法テラスや自治体の相談会を利用して、弁護士に面談で相談してみると良いように思います。
いまよりも対処法が広がると思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

続けて追加質問で申し訳ありません。

会社名や実家住所などを聞かれても答えるのを拒否しても問題ないでしょうか。

専門家:  sakurabito 返答済み 2 年 前.
あなた自身と連絡が取れている状態で、相手方が職場や親に連絡を取る必要はないのですから、相手方がそれらの情報を知る必要も無いはずです。
先に答えたように、親などにお金の工面をお願いすることも親がそれに答えるかどうかも任意の話であり、強制されるものではありません。
現段階では、個人情報に関することは教えられないと答えても問題無いように思います。
「少しでもまとまったお金」というのは、誠意の証として少しでも初めに多めに出すことを望んでいるものと思います。
sakurabitoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問