JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

dueprocessに今すぐ質問する

dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1233
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

ウェブサイトを売却したのですが、代金受けとり、ドメイン移行などすべて完了してから2週間後に、買主から、「サイトのアク

質問者の質問

ウェブサイトを売却したのですが、代金受けとり、ドメイン移行などすべて完了してから2週間後に、買主から、「サイトのアクセス数が減少した、瑕疵があるから、代金を返せ」というような連絡がありました。私が運営していた時からアクセスは減っているようですが、ウェブサイト、特にニュースサイトであることから、アクセスの変動は不可抗力です。契約前のやりとりで、「アクセスは下がるかもしれない」と伝えていました。契約書の類は一切作成しておりません。要は、アクセスが下がったため、広告収入が減ったのが許せないそうです。そもそも、売却時の募集文句は、「こういうサイトがあるので、売ります」といったもので、広告収入やアクセス数の保障などは一切行っておりません。住宅などでは、購入後一年以内に雨漏りなどすれば瑕疵担保責任で保障しないようですが、今回のようなウェブサイトの取引でも、あてはまるのでしょうか?よろしくお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  dueprocess 返答済み 1 年 前.
ご質問ありがとうございます。
行政書士です。
よろしくお願い致します。
結論から申し上げれば「要求に応じる必要はない。」と考えます。
募集文言にも「一定量のアクセス数を保証する。」というような内容はないのであれば、
相手方の要求には法的な根拠はありません。
またご相談のケースは、売買の瑕疵担保責任にもあたらないと考えます。
「こちらの対応に不備はなく、アクセス数の減少は不可抗力である。
専門家に相談したところ、こちらの瑕疵とは言えないとの事。
そちらの要求には法的根拠がないので、応じるつもりはない。」
と返答すればよろしいでしょう。
以上ご参考頂ければ幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
明快な解答、大変感謝いたします。
おかげさまで、不安な気持ちが少し落ち着きました。
専門家:  dueprocess 返答済み 1 年 前.
ご丁寧にご返信頂きありがとうございます。
お役に立てたようで何よりです。
相手方の要求は不当であると考えますから、冷静に落ち着いて対応されれば大丈夫です。
万が一に備え売買の経緯やその証拠、相手とのメールのやりとりを残しておくとよろしいです。
電話などで会話する機会があれば録音しておくとよろしいでしょう。
また何かございましたらご利用ください。
最後に回答にご満足頂けましたら、ご評価頂ければ幸いです。
改めてありがとうございました。
質問者: 返答済み 1 年 前.
度々すみません。
相手からメールが返ってきまして、
「知り合いに相談して結論をだすので、しばらくまて」
と言われました。
訴訟を起こされる可能性はどれくらいあるのでしょうか?
万が一、訴訟を起こされた場合、私はいくらほど代金を支払わないといけませんか?
専門家:  dueprocess 返答済み 1 年 前.
回答致します。
>訴訟を起こされる可能性はどれくらいあるのでしょうか?
訴訟自体は起こそうと思えば起こせるものですから、
こればっかりはなんとも言えないです。
ただ、先般申し上げたとおり、先方の要求には法的根拠が無いので、
相手が専門家に相談したのであれば逆に訴訟に持ち込む可能性は低い気は致します。
>万が一、訴訟を起こされた場合、私はいくらほど代金を支払わないといけませんか?
弁護士や司法書士(訴額が140万円以下なら可)に依頼するのであれば、
費用としてそれなりに掛かっては来ると思います。
相場についてはお近くの法律事務所等のホームページなどで検索ください。
勉強は必要ですが、本人で対応されるのであれば、コストは時間と労力だけです。
必要に応じて弁護士に法律相談をしながら訴訟を進めていくという方法もあります。
法律相談でしたら、30分5000円くらいからですね。
予め知識を備えておく事は重要ですが、実際に訴訟になってから対応すればよろしいとは思います。
以上よろしくお願い致します。
質問者: 返答済み 1 年 前.
毎度ご回答いただき、感謝いたします。
教えて頂きたいのですが、http://www.it-houmu.com/1/107/の
(c)瑕疵があれば契約解除できるか と言う項目に、「瑕疵があれば,ベンダは修補義務,損害賠償義務を負います。ただし,瑕疵があれば常に契約を解除して一切の代金請求ができなくなるかというとそうではありません。民法635条では,請負の目的物に瑕疵があり,これによって契約の目的が達成できないときに限り,解除できるとしています。要するに瑕疵の中でもさらに重大な瑕疵がなければなりません。どの程度の瑕疵であれば「契約の目的を達することができない」といえるかどうかは,瑕疵によるユーザの業務の影響度はもちろんのこと,提案書などの契約締結に至る経緯なども重要視されるでしょう。 」とありますが、つまり「契約の目的を達することができない」ということが「瑕疵」なので、
今回の件に照らし合わせてみると、契約の目的は「サイトを譲り受けて今までと同等額の収益を得ること」ではなく、
「サイトの運営権を譲渡」することが目的なので、運営ができないような欠陥や、不具合、例えば、サイトのシステム自体が壊れており、サイトが表示不能だったり、ドメインが使用不能になっているなどが、瑕疵にあたると考えてよろしいでしょうか?
このことから、相手の言っている「瑕疵」には法的根拠が無いのでしょうか?何度も質問してすみません。
どうかよろしくお願いします。
専門家:  dueprocess 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
>http://www.it-houmu.com/1/107
こちらは「売買」契約ではなく「請負」契約における瑕疵担保責任のお話なので、
厳密に言えば今回の「売主の瑕疵担保責任」とは異なります。
とは言えご認識の通りで問題ないと考えます。
売買のケースでは、早い話売り物が使い物にならないのであれば、損害賠償請求や契約解除の対象となる瑕疵担保責任が生じると考えますが、
サイトが使用出来、ドメイン移行も問題なく行われている事から、
売り物であるニュースサイトには契約の目的を達する事ができないとか
損害が生じるような瑕疵があるとまでは言えないでしょ?という事ですね。
そういう意味で法的根拠がないと申し上げた訳です。
>何度も質問してすみません。
いえ、疑問はごもっともです。
以上よろしくお願い致します。
質問者: 返答済み 1 年 前.
度々回答いただきまして、ありがとうございます。
大変助かっております。
また、評価が遅れてしまい、すみません。ただ、もう一点だけ教えて頂きたいことがございます。
仮に、最初のサイト買い手募集のところで告知していたアクセス数と、明らかに異なるアクセス数
(意図したものではなくとも、明らかに実情より盛っている場合)は、瑕疵として責任を問われ、
訴訟になった時に返金や契約解除になる可能性はありますか?よろしくお願いします。
専門家:  dueprocess 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
>仮に、最初のサイト買い手募集のところで告知していたアクセス数と、明らかに異なるアクセス数(意図したものではなくとも、明らかに実情より盛っている場合)は、瑕疵として責任を問われ、
訴訟になった時に返金や契約解除になる可能性はありますか?
意図したものでなく、盛るという状況はどういう事なのか想定し辛いですが、
この場合は、瑕疵の問題ではなく、相手方は詐欺(ご相談者に騙されたと主張)による取り消しや、
錯誤(当初からその程度のアクセスであれば購入しなかったと主張)による契約無効を主張してくるのではないかと思います。
参考条文
民法第95条
意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。ただし、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない。
民法第96条
詐欺又は強迫による意思表示は、取り消すことができる。
瑕疵については先般申し上げた通りですが、精神衛生上もよろしくない事もありますので、
もし、ご相談者様に何かしら後ろめたい気持ちがあり、トラブルを避けたいのであれば、
返金対応ではなく、買取対応(既に相手方はサイトを運営する事による利益を得ているため)を
提案するなども解決方法のひとつであるとは考えます。
そういう事はない!という事であれば、こういうのは神経戦でもありますから、
過度に心配せずやはり落ち着いて冷静に粛々と対応して、敵失を誘うくらいの
心構えでいるのがよろしいですよ。
以上よろしくお願い致します。
質問者: 返答済み 1 年 前.
お世話になります。
何度もありがとうございます。金曜日に相手が少額訴訟を起こすと言ってきたので、
相手と話し合い、相手が提示した条件である一部の返金を行うことで合意(示談)しました。
(ご助言いただいた買取は相手が意味を理解しそうになかったので、相手の言い分通り返金で対応しました。)
入金を済ませたのですが、相手は確認は月曜日にすると言っております。
返金をすることで「もう迷惑はかけない」と相手は言っているのですが、
念のために「以後一切の申し立てや金銭の要求をしない」といった示談契約書なるものを作成し、
相手からの署名捺印されたものが郵送されてくるのを待っている状態です。
契約書が手元に届くまで不安なのですが、
「返金していただいたなら、今後一切、もう迷惑はかけない」とメールで言っているので、
この場合は既に法律的には示談が成立した、
もし今後相手がさらに今回のことで法的な請求をしてきても、
無効となるのでしょうか?
契約書が届けば、安心ですが、届くまでの数日不安な気分で過ごすのが苦痛です。
よろしくお願いします。
専門家:  dueprocess 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
>「返金していただいたなら、今後一切、もう迷惑はかけない」とメールで言っているので、
この場合は既に法律的には示談が成立した、
もし今後相手がさらに今回のことで法的な請求をしてきても、
無効となるのでしょうか?
本来は示談書と同時履行で返金するのがベストでしたが、
メールの内容や返金をしている事から示談は推認されると思われます。
万が一、反古にされた時に備えて、メールや振込明細(もしくは振込を証明できるように通帳に記帳しておく)を残しておくとよろしいでしょう。
そもそも相手方の要求には法的根拠がないというのをもう一度思い出しましょう。
その上で示談に応じているのですから、
今後の対応としては、示談は成立しているとして、一切の要求に応じなければよろしいのです。
まだ起きていない事の可能性をあれこれ考えてもキリがありませんから、
あまり気に病まずご心配されないのがよろしいですよ。
以上よろしくお願い致します。
質問者: 返答済み 1 年 前.
何度も御助言いただきありがとうございます。>そもそも相手方の要求には法的根拠がないというのをもう一度思い出しましょう。私も当初はそう思っていたのですが、売買後に、サイトのアクセスを相手が詳しく解析したところ、
事実よりも少し多いアクセスとなっていたことが判明しました。
どうやら、1つのアクセスを2つとカウントするような設定に一部がなっていたそうで、
アクセスの一部が二重カウントされ、事実よりも多いアクセスとなっていたようです。
こちらはそのような設定になっているなど、本当に全く知らなかったので、
売買前の交渉で相手に提示したアクセス数は事実より少し多いアクセスでした。
つまり、相手の言い分としては、「実際はこれよりも少なかったわけだから、
その分、返金しろ」といったもののようです。
譲渡後にアクセスが下がった件については相手も売り主の瑕疵ではなく、
買い手の運営の問題であるため、法的根拠が無いことは納得しているようでした。どうぞよろしくお願いします。
専門家:  dueprocess 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
>こちらはそのような設定になっているなど、本当に全く知らなかったので、
売買前の交渉で相手に提示したアクセス数は事実より少し多いアクセスでした。
つまり、相手の言い分としては、「実際はこれよりも少なかったわけだから、
その分、返金しろ」といったもののようです。
なるほど、そのような事情だったのですね。
ご相談者様は故意にアクセス数を水増しした訳ではないので、責任があるかどうかは微妙ですね。
また相手の言動を見ると思ったよりも冷静に対応するタイプなのかもしれないですね。
ただ、既に示談はしてしまっていますので、これが問題になる事もないでしょう。
以上よろしくお願い致します。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
< 前へ | 次へ >
  • 法律に詳しいかたにお世話になりたくても、緊急時にはなかなか連絡がとれません。丁寧でわかりやすく、こちらの心情を理解した上で、 客観的な意見をしっかりした理由も合わせて 説明して下さり、不安の解消に繋がりました。 神奈川県 小野
  • 自分の意向に添う回答がいただけたので、、安心して自分で答弁書を作成し、知人に紹介された司法書士に相談したところ、十分訴状に対抗できるとの判断をされました。それを参考に、細部を詰める点も有り、答弁書を確実なものとする為、最終的に司法書士に依頼しましたが、安価に受けてもらえることとなりました。 東京都 梅村
  • 法律などの専門家や弁護士が身近に居なかったわけではありませんが、事案発生が連休中や土休日、深夜早朝にかかるなど、次の行動に移る前に冷静な判断が必要な場合があり、また個人的なことでありますが、深刻化、長期化し、また経済的に家族にも迷惑をかけることで、結果として自身の公務に影響が及ぼすことを大変危惧いたしました。結果、このたびの利用となりまして、貴社より、迅速な回答をいただくことができました。事案発生後一両日のうちに、先方と連絡をとり、適宜支払い手続きへと話をすすめております。またこの経験を同業の者とも共有し、今後ネットを通じた活動へ生かせるように務めます。 山形県 青木
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • supertonton

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SU/supertonton/2011-9-7_64453_nakano.64x64.jpg supertonton さんのアバター

    supertonton

    行政書士

    満足した利用者:

    2336
    中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/houmujp/2014-1-5_72819_00.64x64.jpg houmu さんのアバター

    houmu

    行政書士

    満足した利用者:

    388
    行政書士 知的財産修士 2級FP技能士
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RI/rikonnsouzoku/2012-4-28_141443_066960x1280.64x64.jpg rikonnsouzoku さんのアバター

    rikonnsouzoku

    行政書士

    満足した利用者:

    181
    弁護士事務所事務員行政書士事務所所長
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/RE/remember2012/2012-6-21_145655_IMG088111.64x64.jpg remember2012 さんのアバター

    remember2012

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    80
    社会保険労務士事務所経営
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/EO/eokuyama/2011-11-8_163713_BioPic3.64x64.jpg eokuyama さんのアバター

    eokuyama

    弁護士

    満足した利用者:

    25
    University of New Hampshire Law School, University of Arizona, Keio University.Law Offices of Eiji Okuyama.
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SR/srlee7208/2012-9-19_13750_IMG9317.64x64.JPG srlee7208 さんのアバター

    srlee7208

    社会保険労務士

    満足した利用者:

    1
    早稲田大学卒業。 1999年社労士事務所開業。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HA/hakase425/2011-8-16_9381_P1010445.64x64.JPG hakase425 さんのアバター

    hakase425

    弁理士

    満足した利用者:

    0
    -
 
 
 

法律 についての関連する質問