JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2226
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

2003年に自己破産しました。病気になり毎月の返済ができなくなりました。そのなかに奨学金も含まれていました。連帯保証

解決済みの質問:

2003年に自己破産しました。病気になり毎月の返済ができなくなりました。そのなかに奨学金も含まれていました。連帯保証人は父で保証人は弟になっていたようです。そのことについては父からも一切連絡なく、父は3年前に他界しました。今日弟から連絡があり私の奨学金の請求か300万ほどきたそうです。初めての連絡で一括返済を求めてきたそうです。現在私は病状も落ちつき治療費は毎月3万以上かかるので多額の返済は無理ですが少額なら返済可能なのですが、弟に迷惑がかからない方法はないでしょうか
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。
相手は弟さんに請求してきているので、まずは弟さんが相手と交渉していくしかありません。質問者様が連絡したところでおそらく相手は交渉してくれないでしょう。
弟さんに迷惑のかからない選択肢は、
1、弟さんが300万円を一括で払えるなら、払ってから質問者様が毎月少しずつ弟さんに返済する。
2、弟さんが一括で払えないなら相手と交渉し、分割払いをお願いして月々分割で返していき、その払った分を質問者様が弟さんに払う。
3、弟さん自身も自己破産する。
以上の選択しか余地はありません。弟さんが300万円を支払わなければならないのは変えられない事実です(保証人になってしまったので仕方がありません)。3番の選択肢は恐らく弟さんも嫌でしょうから、実際的なのは、相手と交渉して分割払いにしてもらって、返していくということになるでしょう。
不明な点がありましたら補足しますので返信してください。
質問者: 返答済み 1 年 前.
早速のご回答ありがとうございます。手元に奨学金の契約書が残っていないので、詳しくはわからないのですが、弟は保証人になった記憶がなく、もし保証人になっていたとしても契約当時未成年だと思うのです。
12年たって初めてこの連絡がきたのですが、延滞金が100万以上になってぃすがもし支払うとなればそれも全額支払わなければいけないのでしょうか?交渉しだいでは分割での支払いはかのうでしょうか?
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
未成年で保証人になることはあり得ません。ということは、連帯保証人の父親の債務を相続したということで連絡が来たのでしょう。保証人という立場ではなく、債務者という立場で請求されているということです。
返信内容を伺ってみて、もう一つ可能性が出てきたことがあります。これまで12年も連絡をしてきていないということであれば、「消滅時効を主張」できるかもしれません。奨学金の返済期日から10年経過していれば時効を主張できます。つまり返済する必要がなくなるということです。契約書が手元にないので返済期日がわからないと思いますが、相手に請求すれば相手はそれを提示しなければなりませんので、一度請求してみるべきです。
そしてここからが大切なことですが、奨学金の時効を主張できるかどうかを確かめるため、弁護士か司法書士事務所に相談してください。一般の方では時効が主張できるかどうか判断ができません。相手に契約書を請求することも任せてしまうと良いでしょう。
もしその結果、時効を主張できない、ということであれば延滞金の免除や分割払いのお願いも弁護士や司法書士がしてくれます。専門家を通してお願いすると相手も承諾してくれる可能性が高いです。
ですから、まずは弁護士や司法書士に相談し、時効の主張ができるかどうか、もしできないなら延滞金の免除と分割払いのお願いをしたい、という依頼をすることを強くお勧めします。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます
弁護士さんか司法書士さんに相談したいと思いますが、8月27日までに所得証明書とか送付しなければならないみたいなんですけれど、それも待ってもらえるでしょうか?
弁護士さんは高そうですが、司法書士さんにも依頼は可能なのでしょうか??
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 1 年 前.
奨学金の返済金額が140万円までなら司法書士が依頼を受けられます。それ以上なら弁護士しか依頼を受けられません。
8月27日までにはまだ期限がありますから、所得証明書を送る前に司法書士か弁護士に相談して、相手に連絡をしてもらいましょう。所得証明書を送るかどうかは時効が主張できるかどうかが分かってからでも大丈夫です。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問