JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1355
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

よろしくお願いします。 以前の職場で「嫌がらせ」がありました。派遣労働者でした。男性53歳です。「嫌がらせの末の期

解決済みの質問:

よろしくお願いします。
以前の職場で「嫌がらせ」がありました。派遣労働者でした。男性53歳です。「嫌がらせの末の期限前の交代」にて、派遣先から追い出されました。訴訟に持ち込みました。本人訴訟です。次回は第2回期日で「弁論準備手続き」になっています。裁判官より不法行為の主張を箇条書きにして提出してくださいと言われました。かなりある「嫌がらせ」の中に「お尻を触る」ということが3度ありました。その他、足を変に触られたことが2回。
ご質問です(1)。この「お尻を触る行為」がありました。合計で3回になります。はっきり触られたものではなく、立っている後ろから一本指でお尻をなでるように微妙なタッチでの触りでした。パワハラ、或いは、セクハラの不法行為になると思っているのですが、証拠が当時のその日のメモ書きしかありません。大体において就業中の録音をしていたのですが、そのときは、「またか」と思い後ろを振り向いただけで声が出ず、よって録音されず、証拠として残っていません。
よくある痴漢行為で女性の場合も、もちろん証拠はないだろうと思っていますが(男の場合とはわけが違うとは思っていますが)、立証するには何が必要でしょうか。
質問(2)。不法行為の一つとして箇条書きに入れたほうが良いですか、それとも、「継続的な嫌がらせのため精神的な苦痛を受けた」という不法行為の中の一要因とする程度のほうが良いですか・・・。
通常、どんなものでしょうか・・・。
よろしくご教授くださいませ。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
A1:立証はビデオ、録音などが直接証拠になりますが、日時、場所、態様(行為状況)を記載した陳述書でもよいと思います。より具体的な描写が必要ですので、専門家に代書してもらるのも一方法です。

A2:時系列に沿って、行為の態様を記述することです。>「継続的な嫌がらせのため精神的な苦痛を受けた→これだけでは不充分です。足りません。パワハラは証拠さえ出しておいたら、後は裁判官が斟酌してくれるということは絶対にありません。
質問者: 返答済み 1 年 前.

ご回答ありがとうございます。

ご質問です。「A1」にある「専門家による代書」のところをもう少し詳しく教えて頂けると助かるのですが・・・。

よろしく、ご教授下さいませ。お願いします。

専門家:  kionawaka 返答済み 1 年 前.
司法書士や社労士等弁護士以外で準備書面の代書をやっている人がいるので、その人たちに頼めばよいということです。
kionawakaをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問