JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4758
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

退職金の財産分与についての条文を教えて欲しいです。

質問者の質問

退職金の財産分与についての条文を教えて欲しいです。
甲は、乙へ以下の計算式による退職金を財産分与する。
みたいな感じの条文です
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは、いろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、ご相談者様がご主人様か奥様かは分かりませんが

退職金を婚姻期間としたいと言うことから、ご主人様だと思いますが、どうでしょうか?

まず、離婚条件に関しては、民事ですから、双方が合意されれば、公序良俗に反しない限り

どのような条件でも問題はありません。

そのため、アドバイスできるのは、一般的な財産分与の考え方です。

一般的には、今、自己都合で退職したらどうなるかで考えます。

自己都合の方が、退職金は低いですし、当然、婚姻期間になります。

離婚前提の別居期間があれば、そこは、外して構いません。

退職金が出てからであれば、計算云々よりも、退職金の分与の額を決めて

置いた方が、トラブルは無いでしょう。

公正証書の中で、計算式を書いても構いませんが

必ず、私文書ではなく、公正証書で離婚協議書を作成しないとトラブルのもとです。

公証役場に行けば、公証人がある程度の内容は作成してもらえますが

民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼された方がスムーズに進みます。

行政書士の先生が比較的お安いです。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問