JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
t-lawyerに今すぐ質問する
t-lawyer
t-lawyer, 弁護士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 582
経験:  東京大学卒業
78091396
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
t-lawyerがオンラインで質問受付中

飲食店経営。 入り口対応時に日傘はお預かりしており席番の下駄箱に吊り下げ お客様が帰られる時に靴と一緒に日傘も置

解決済みの質問:

飲食店経営。
入り口対応時に日傘はお預かりしており席番の下駄箱に吊り下げ
お客様が帰られる時に靴と一緒に日傘も置いておきます。お預かりカードの
ようなものはお渡ししていません。
それをすることで靴や日傘を間違えて持ち帰ることを防いでおります。
今回はお預かりしていない日傘を預けたと言い張りここに来るまで日傘をさしていたと
言い張りますが、お預かりしておらず靴を出すスタッフも下駄箱に日傘はかかっていないといい、また30分ほど玄関で入店待ちのお客様も日傘はなかったですと言われていました。
その日傘は赤らしくその日は3本の日傘を預かりましたが全て黒で間違って持ち帰ることはないと思いますが相手側もこちらも証拠がありません。
こちらは非がないと思い謝罪はしておりません。
保険会社に連絡しても店側がお預かりしたなら保険適用できるが店側に非がないなら
保険適用外といいます。
ご教授お願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  t-lawyer 返答済み 1 年 前.
弁護士のt-lawyerです。
回答いたします。
お話を伺う限り、日傘を預かってはおらず、完全な相手の言いがかりであると思われるので、それを前提に回答いたします。
本件のような場合、相手は日傘相当代金を求めてくると考えられます。
しかしながら、こちらに全く非がない以上、支払う法的義務はありません。
また、どちらも証拠がないですが、争いになった際には請求する側が証明する責任を負います。
そのため、今回は相手方が日傘を預けた事実及びそれがなくなった事実を証明する必要がありますが、まず無理でしょう。
よって、質問者様としては、特に何かをする必要はないと考えます。
ご参考になれば幸いです。
よろしくお願いいたします。
t-lawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問