JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
sakurabitoに今すぐ質問する
sakurabito
sakurabito, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 250
経験:  行政書士事務所代表。
60879286
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
sakurabitoがオンラインで質問受付中

離婚での慰謝料請求したくお聞きしたいです。 夫が不倫し、相手と一緒になりたいから離婚して欲しいといわれました。

解決済みの質問:

離婚での慰謝料請求したくお聞きしたいです。
夫が不倫し、相手と一緒になりたいから離婚して欲しいといわれました。
不倫期間が3ヶ月、不貞行為あり、相手側既婚者と分かりながら不倫をしかけました。
夫婦関係は破綻してはいませんが、セックスレスではありました。
不倫相手と別れてやり直して欲しいと伝えましたが、無理とのこと。
今では相手と一緒に住む部屋を見つけ手付金も払っています。
その費用は夫婦の預金から使用しています。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  sakurabito 返答済み 2 年 前.
こんにちは、質問を投稿いただき誠にありがとうございます。
婚姻期間はどれくらいですか?
お子さんは居ますか?
居るとしたら何歳何人ですか?
未成熟のお子さんが居れば養育費の問題もあります。
財産分与などは合意済みなんですか?
単純に不貞の慰謝料だけで裁判例を挙げると、離婚に至る場合は婚姻期間やお子さんを有無などにもよりますが100~300万円くらいが多いです。
有責配偶者からの離婚請求は、未成熟の子供が居る場合、裁判でも容易には認められません。
あなたが離婚に応じない限り、相手方は再婚もままならないわけです。
腰を据えてじっくり条件を詰めたらよいように思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.
婚姻期間は5年間、同棲期間は2年間です。
子供はいません。
財産分与は夫が精神的に不安定になっているので
詳しい内容は話せていません。
専門家:  sakurabito 返答済み 2 年 前.

お子さんが無く婚姻期間が5年くらいの裁判例としては100~200万前後が多いように思いますが、これはあくまで過去の裁判例であり、貴女方ご夫婦の事情をすべて反映しているわけではありません。

双方が合意するなら慰謝料300万でも400万でも良いのです。

旦那さんも、不貞を明らかにしているところを見ると何も払わないというつもりはないと思います。

200万円くらいを最低の落としどころに見て多めの額から提示してみてはどうでしょうか?

あまりかけ離れた大きな提示をすると、お互いに相手の落ち度を主張するような方向に進む恐れもあります。

慰謝料単独で話し合うのも方法ですが、財産分与の内容を併せて調整する方法もあります。

離婚を受け入れるのであれば、後々後悔しない条件を慰謝料のほか財産分与についても落ち着いて検討し、話し合うのが良いと思います。

質問者: 返答済み 2 年 前.
不倫相手側への慰謝料請求も行おうと思っています。
その際どの位の慰謝料を請求すればよいでしょうか?
相手側から夫に告白。
既婚者とわかりながら付き合いはじめる。
私と離婚し、夫と結婚するつもりでいる。
専門家:  sakurabito 返答済み 2 年 前.
不貞行為は共同の不法行為になり、夫と相手女性二人の貴方に対する連帯の債務になります。
したがって、相手女性一人に「あなたが積極的に夫を誘ったのだから離婚に至る慰謝料○○万円払え」という風に請求してもいいですし、二人に対して同様に請求しても良いのです。
ただ、仮に離婚に至る不貞の慰謝料の額が300万円が妥当な額であった場合、両方から300万円ずつ合計600万円もらうことはできません。
あなたが相手女性に対する強い思いがあるのであれば、まずは思っている慰謝料の全額あるいは3分の2くらいを相手女性に請求してみたらよいと思います。
請求すれば必ず旦那さんが話し合いに参加してくると思います。
その話し合いの中で、夫の分と女性の分の慰謝料割合・個別の額なども含めて話し合ったらよいと思います。
仮に3分の2を女性に請求したときは、女性から請求額通り慰謝料をもらったとしても、夫に貴方の分は別に請求する考えがあると言っておくと良いでしょうし、女性に請求して思い通りの額で合意できなかったときは、不足分をプラスして夫に請求しても良いです。
結婚するつもりが二人にあるようなら、同じテーブル上にあげて話し合った方が話が早いように思います。
最初に書いた通り、相手方らはあなたが離婚に応じないかぎり結婚できません。
貴女の方が決定権を持っているので落ち着いて自分の条件を検討したらよいと思います。
sakurabitoをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問