JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4917
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

損害賠償に関する質問です。 A社から100万円でシステム開発を受注しましたが、開発が間に合わず、業務はキャンセルに

質問者の質問

損害賠償に関する質問です。
A社から100万円でシステム開発を受注しましたが、開発が間に合わず、業務はキャンセルになりました。
(なお、この業務委託に関する契約書は締結していません。)
これについては、違約金に請求があれば支払う予定でいました。
ところがA社からの請求は、400万円の損害賠償請求でした。
当該業務はB社からの受注で、今回の業務の不履行により、他の業務も中止となり、その損害を補填せよ、という言い分です。
今回の業務受注時の口頭での話では、そのようなペナルティーの話しは出ていませんし、そのようなリスクを含んだ業務であると説明もありませんでした。
(進捗が遅れてきた途中段階で、「違約金が発生するかもしれない」旨の話しはされました。)
この場合、こちらが負わなければならない責任の範囲はどこまでになるでしょうか?
また、この際の当方の対応はどのようにするのがベストでしょうか。
ご教授いただければ幸いです。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。
それは大変お悩みのことと思いまs。
ご心痛お察し申し上げます。
お話から、契約書が無いとしても、口約束も法的には有効になりますが
違約金に関しては、何か口頭で約束をされましたでしょうか?
とは言え、争う場合には、契約書などの証拠が必要になります。
今回のケースは、相手側としては、債務不履行による契約の解除と損害賠償請求は
可能です。
契約の解除とは、最初から契約が無かったと言うことです。
損害賠償に関しては、法的には実際の損害と一般的に予見できる範囲までです。
そうしないと、どんどんエスカレートして、システムがあれば、これだけ儲かったはずだと
際限がなくなります。
本当に400万円の損害が出たのか確認する必要があります。
その証明は、相手がしないといけません。
そうでなければ、法外な要求は不当要求や恐喝罪もあり得ます。
今回のように、契約書がないような商取引は多く
そのような場合は、商習慣に従うと言うのはあります。
ただ、そのような受注額の4倍もの損害賠償の要求をするのは、法外と言えるでしょう。
仮に、下請けと言う立場であれば、更に違法な要求となり得ます。
公正取引委員会に訴えることが出来ます。
とりあえず、損害の証明をしてもらって、予見できる損害しか補償しませんと
主張されることです。
また、そもそも、期間内に出来るような業務内容だったのか、相手の無理強いではないのかも
検証されても良いでしょう。
頑張って下さい。
supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.
ご回答ありがとうございました。ご回答中に「実際の損害と一般的に予見できる範囲」とありますが、今回の場合、「実際の損害」とは「一般的に予見できる損害」とはどれになりますでしょうか?
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.
ご相談にただきまして誠にありがとうございます。
例えば、納期が1か月として、そこからスタートしたら利益が得られたものが
遅れることによって利益が得られなかったとか
次の新しいシステム運営会社を探すための労力位でしょう。
それも、何か月もかかる訳はありません。
わざと無理難題で納期に間に合わせないことがあれば、問題と言えます。

法律 についての関連する質問