JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4611
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

会社に対しての損害賠償について、ご質問致します。 損害賠償に至る経緯の内容について、以下に記載致します。 2

解決済みの質問:

会社に対しての損害賠償について、ご質問致します。
損害賠償に至る経緯の内容について、以下に記載致します。
2015年7月に、私は6日間の有給休暇を取得し海外旅行に行きました。
そして同時期に異性の同僚Iさんも有給休暇を取得し旅行に行っていました。
旅行中、上司から電話があり「異性の同僚女性と一緒に旅行に行ってるんじゃないか。」や、「休暇明けに証拠にパスポートを持ってきて見せなさい。」と言われました。
有給休暇明けに、社長・上司・私の三人で会議を持たれ、私が「有給休暇はあくまでもプライベートですし、会社側から個人のプライベートについて詮索・干渉や開示を要求するのは間違っている、見せる義務はないので開示はしません。」と言ったところ、社長から「開示しないのであれば、一般職(降格)にする。」と通告されました。
また、社長から「疑惑が晴れない状況なので、異性の同僚Iさんは出社させない・できないので、その分給与が減る。助けてやろうとは思わないのか。見せないのか?どうするんだ。」と言われました。
開示しないことによる不当な降格処分やプライベート開示の強要・脅しを社長自ら言われました。
このことが理由で、退職を決意し会社へ7月16日に7月末退職の旨、退職届けを提出致しました。
このようなパワハラによって、退職を余儀なくされ精神的・経済的損害に対する補償として損害賠償できるのでしょうか?
また、会社が行ったことはどのような違法性があるのかご教授頂けますでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、労働基準法において、有給休暇をどう使おうが自由であると言うのが原則です。

ただし、自由と言っても、社員全員が同時に有給休暇を取られるのは問題があるので

そのような特殊な場合のみ、社員から有給休暇の理由を確認することは問題は

ありませんが

あくまでも任意になります。

そう言う意味では、労働基準法違反と言えますので、更にそのことで不当解雇になれば

管轄の労働基準監督署にご相談された方が良いでしょう。

ただ、その同僚の女性との関連性がよく分かりませんが、そのことは今回は

アドバイスはしませんが

退職したのは、自分の意思もあるようですから

会社は、そのようなパワハラを放置してはいけない、社員に対する安全配慮義務がありますから

それが欠けたことで、精神的にダメージを受けて、更に診療内科に通うようにでもなれば

傷害罪として、刑事告訴も可能ですし、民事での慰謝料請求も可能と言えます。

内容証明で、請求されると良いでしょう。内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や

弁護士の先生にご依頼されると、会社に本気度が伝わりなめられずに済むでしょう。

行政書士の先生が比較的お安いです。

相手が応じなければ、民事調停を申し立てると良いでしょう。

個別労働紛争として、特定社会保険労務士にご相談されても良いでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問