JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4625
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

別の案件についての、ご相談ですが、よろしくお願いします 現在、知人が執行猶予中です。その知人が、裁判にかかった費用

解決済みの質問:

別の案件についての、ご相談ですが、よろしくお願いします
現在、知人が執行猶予中です。その知人が、裁判にかかった費用を、会社の役員の役員で出してくれと、言ってきます
彼は、会社のためにしていたのだから、役員が出して当たり前だと言っておりますが、裁判も検察も彼の犯行だと言っています
その場合、裁判費用の弁償の折半を断っているのですが、あまりしつこい場合は、強要として成立いたしますか
よろしくお願いします
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 1 年 前.

いつもご相談いただきまして誠にありがとうござます。

行政書士のSUPERTONTONでございます。

それはいろいろ知人の方の事でお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、検察と言うことから、刑事裁判とは思いますが

刑事裁判は、国の税金から支払われるので1円もかかりませんが

弁護士費用は私選の場合も国選の場合も、それは裁判費用とは言えないので

被告人が支払うことになります。

会社のためにしたと言う意味合いが不明ですが、弁護士費用を当然の権利として

主張するのは、おかしいかもしれません。

刑事事件まで起こすのは、本人が拒否したり警察に相談することもできたはずです。

刑事事件の場合、それを命令されて仕方なくやった場合は、教唆犯や共犯もあり得るので

そこで訴えていくこともありかもしれません。

理由が無ければ、強要罪もあり得ます。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問