JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4803
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

所有する土地の一部が他人名義であることが判明した。当方で所有してから20年以上経過しており、時効により取得したものと

解決済みの質問:

所有する土地の一部が他人名義であることが判明した。当方で所有してから20年以上経過しており、時効により取得したものとして名義変更したい。他人名義の名義人がどこの誰なのか判明しない。該当者不明として処理が可能なのか、どのような手続きをとればよいのか知りたい。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それはいろいろお悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、時効取得するまでの経緯がご不明ですので何とも言えない部分はございますが

分かる範囲でご回答致します。

20年と言うことですから、悪意の時効取得になると思いますが

他人の土地を時効取得しても、時効による所有権移転登記に関しては

前の所有者の許可が必要となり、共同で登記をしないといけません。

そうなると、元の所有者や時間が経っているので、相続人複数人との

共同で登記手続きをしないといけません。

その時点で、争いが起きる可能性があるので、場合によっては、譲歩して売買取引と

なる可能性もあります。

法務局で、前の所有者が分からないと言うことは無いと思いますが

そこは、きちんと調べているのでしょうか?

場合によっては、不動産登記の専門家の司法書士の先生に調査をご依頼された方が

良いかもしれません。

また、協力が得られない場合、単独で所有権移転登記をする場合は

裁判において確定判決を得ないといけません。

当然、相手方にこのことはわかるので、時効が成立した後に

前の所有者が、他の誰かに売却等されると、その登記が先なら

ご相談者様は対抗できなくなるので、建物等の処分禁止の仮処分も

同時に裁判所に申立てることになります。

そう言う意味では、裁判手続きになり、スピードの勝負もあるので

不動産に強い弁護士の先生にご依頼された方が安全でしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問