JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級FP技能士・CFP
71156846
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

夫の不倫相手が妊娠し、夫は認知し、養育費を払うと言っています。 彼女の希望は、別れて子供の父親になって欲しい。

解決済みの質問:

夫の不倫相手が妊娠し、夫は認知し、養育費を払うと言っています。
彼女の希望は、別れて子供の父親になって欲しい。
無理なら、出来るだけ来て、父親として出来るだけの事をして欲しい。
夫は私にそれを認めて欲しい。どうしても無理なら離婚する。慰謝料は300万払うとのこと。
どれもこれも納得できず、調停しようという事になりました。
結婚生活は17年、彼女との不倫は5年以上です。
不倫の間も夫婦で旅行に行ったり、毎週一緒にスポーツクラブに行ったりしていました。
私に出来る事は、2人から少しばかりの慰謝料請求する事位しか無いのでしょうか?
出来る事なら、彼女との縁を切って、不倫の結末に幸せは無い事を2人に分かってもらいたいのです。
私達に子供は居らず、彼女と夫が3人で微笑ましい家族ごっこをするのは耐えられません。
私に出来る事は何があるでしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士です。
お答えいたしますのでよろしくお願いいたします。
法的にどうなりうるのかを説明し、その上で、事実上の対応案を回答いたします。
1 不貞(浮気・不倫)をした側からの離婚請求は認められない。
以下は、不貞の事実が立証できること、不貞が始まった時期にご質問者様と夫との夫婦関係が事実上破綻していなかったことを前提にしております。
裁判所は、不貞行為をした側からの離婚請求は原則として認めないという考え方です。
そこで、ご質問者様と夫との夫婦関係が破綻していない時期に夫が不貞行為に及び、それが原因で離婚の話になっている場合、夫からは裁判による離婚請求はできません(逆に、ご質問者様からはできます)。なお、不貞行為が始まった時期に、既に事実上夫婦関係が破綻していたというような特殊な場合は、離婚の原因が不貞行為ではないため、離婚請求の制限はなくなります。
そこで、離婚を拒絶するという対応が考えられます。
離婚しない以上、夫婦は相互扶助義務があるので、収入がある側は、内側に生活費(婚姻費用)を支払う必要があります。
これは仮に別居したとしても同じです。離婚するまでずっと支払義務があります。
2 認知は、夫の意思次第なので、これを強制的に阻止する方法はありません。
認知すると、夫には子に対する扶養義務が生じますので、夫は子に対し(実際は母親)に対し、養育費を支払う義務が生じます。
3 不貞行為の相手方に対し、慰謝料請求できます。
不貞行為は、夫婦の平和を乱す違法な行為として損害賠償請求の対象になります。
そこで、ご質問者様は、相手方の女性に対し、慰謝料請求できます。
これは、離婚の有無と関係なく出来ます。
離婚を拒んだ上でも慰謝料請求はできると言うことです。
ただし、不貞行為が始まった時期に、既に事実上夫婦関係が破綻していたというような特殊な場合は慰謝料請求できません。
4 対応
以上を前提に、考えます。
ご主人が彼女との縁を切るかは、意思と心の問題なので、法的にはどうしようもありません。
当方が離婚を拒む、慰謝料請求する等、相手方にとって困難となるような対応をとることで、自然にあきらめる、ということも考えられますが、逆に結びつきを強め、ご質問者様との関係を悪化させる危険もあります。こればかりは、性格等の具体的な事情にも左右されますので、一般論は申し上げられません。私も、不貞で離婚請求が認められず、別居が6年以上続いているが、夫と不貞相手は交際をつづけていて、夫婦関係は全く改善しないという事案を現在2件もっています(それぞれ立場は逆で担当しています)。
「不倫の結末に幸せは無い事を2人に分かってもらいたい」ということを徹底的におこなうなら、
法的には、
離婚は拒絶する、生活費(婚姻費用)を請求する、相手方に慰謝料を請求する、という対応で、相手方に、婚姻できないこと(したがって子供は非嫡出子のまま)、経済的にも困難が生じることを具体的に感じてもらう、という方法をとることでしょうか。
ただ、これが、相手方にとってどれほどの効き目があるかは、なんともいえません。婚姻できなくても一緒に暮らせればいいという考えをするかもしれませんし、経済上の問題は解決出来ると考えるかもしれません。
事実上の対応としては、ご主人との融和を図るための協議を申しいれる、やることは勧められませんが、相手方女性やその両親等に頻繁に連絡し精神的に追い詰める、などです(これは嫌がらせ)。いずれも、結果がどうなるかは、相手方の意思次第ですし、後者については、度が過ぎれば、こちらが損害賠償支払いを負うリスクもあります。
このような方法と可能性を考慮しつつ、ご主人の性格等をいちばん知っておられるのはご質問者様ですから、ご主人が、相手方の女性と交際をやめるだろうと思われる方法をご検討下さい。
fplawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問