JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 3494
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

ある自治体の公務員です。就職試験時、精神科に通院し服薬していましたが、職員採用試験の人事院面接という最終チェックのよ

質問者の質問

ある自治体の公務員です。就職試験時、精神科に通院し服薬していましたが、職員採用試験の人事院面接という最終チェックのような面接で「現在、服薬、通院はしていますか」と聞かれた際、不採用を恐れ「ありません」と答えました(採用試験は2013年1月)。 実際に採用され配置された場所は、私の精神科通院の原因になっていたもの、そのものを管理しなくてはならないという職場でした。まったくの予想外でした。そのためうつ、不眠がひどくなり、1年2ヶ月後(2014年6月)、病気休暇、その後、休職しました。現在、復職に向け話し合いを開始したところです。 病気休職、病気休暇にあたっては医師の診断書が必要であり、そこに病気の初診日を記入しなくてはなりませんでした。私の主治医は、私が「採用時に病気の通院をしていることを隠して、合格した。初診が就職時より先だと、問題になるのではないか」と言うと、「じゃ、わかった」と非常に簡単に仰り、初診を2013年7月付のものにしました。 最近、このことを医師に「とがめられたらどうなるのでしょうか」と聞くと、「そのときは嘘をつけない。聞かれないように祈るしかない」と仰っていました。 ただし、もう現実的に嘘をついてしまっています。 健康保険利用の記録は、自治体の健康組合等にのこっているはずですから、勤め先側が診断書による初診の日付が嘘であることに気付く可能性は十分あると思います。もう気付いているのかもしれません。

①この先、そのことを咎められるのではないか、②咎められたとして、どのレベルのことになるのか(解雇、懲戒処分等)、③現実的に、自分がこれ以上不利な立場にならないために、打てる手段はあるのか、ということを心配しています。 この3点につきご回答お願いします。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律

法律 についての関連する質問