JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dueprocessに今すぐ質問する
dueprocess
dueprocess, 特定行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2633
経験:  中央大学卒・行政書士事務所経営・システムエンジニア
81185734
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
dueprocessがオンラインで質問受付中

零細企業の経営者です。 国の補助金を申請しようと、税理士のセミナーに参加し、相談をさせてもらいました。 では、契

解決済みの質問:

零細企業の経営者です。
国の補助金を申請しようと、税理士のセミナーに参加し、相談をさせてもらいました。
では、契約しようとする際に、さまざまな事情から今回は、契約せず、補助金申請も見送るという決断をし、先方(税理士)に伝えたところ、今までの相談料をほしいとの事。
1時間あたり43,200円との事。
事前に相談料の説明も受けておりませんし、契約しない場合はこの料金が発生するという説明も受けていません。こんな高額な金額を支払う必要はありますか?
よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご質問頂きありがとうございます。
行政書士です。
よろしくお願い致します。
相談料を請求するのであれば、事前に料金を明示して請求する必要があります。
ご相談のケースでは、事前説明がなく、またご相談者様も相談料について認識されていない状態では
料金支払いの合意がなされておらず契約は不成立につき請求は不可だと考えます。
法的にはそれで十分主張できるのですが、あまりにもしつこいようでしたら、
所属税理士会に不当請求で苦情を申し立てるがよろしいか?
とプレッシャーをかける事もご検討ください。
以上ご参考頂ければ幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答ありがとうございます。

すみません、今回の契約の部分についてもう少しだけお力を貸してください。

契約の際、その場で署名捺印をせず、2部持ち帰ってこちら側の署名捺印後送り返すという話でした。

そして、持ち帰ってから2部とも署名捺印をしてから、こちら側に少し不利な契約である事に気づき、契約しないという決断をした次第です。

契約書は、2部とも手元にあります。先方には送ってません。

先方の税理士は、契約を無しにするにしても契約書は送り返すよう言ってくると思いますが、、

送り返す必要はありますか?また、無効にして送り返す事はできますか?

専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。
なるほど状況はわかりました。
>送り返す必要はありますか?また、無効にして送り返す事はできますか?
いえ、特に送り返す必要はないと考えます。
先方には「契約書の中身をよく吟味した上で契約しない事に決めました。
契約書はシュレッダーして破棄しておきました。」
とお伝えすれば大丈夫ですよ。
以上よろしくお願い致します。
質問者: 返答済み 2 年 前.

何度も親身なご回答、本当にありがとうございます。

非常に勇気づけられました。

dueprocess様のアドバイスを参考に、社内の人間と話し合い調整しました。時間がかかってしまって申し訳ございません。

結果、特に先方(税理士)の要求に対して反応しなくてもよいのではないかという結論に達しました。こちらがアクションを返せば、またアクションが返ってくるだろうし、このまま反応しなければ、更に墓穴を掘るような反応を返してくるかもしれない。

こちらにとっては、今は動かない方がいいのでは?という事です。

先方のメールで、料金支払と契約書の返却に対して、いつまでに・・等具体的な期限もありませんでした。「至急」という言葉は使ってましたが。

そこで、「先方のアクションに何もしない」という事で、何か問題がある事はありますでしょうか?

本当に何度もすみません。

何卒よろしくお願い申し上げます。

専門家:  dueprocess 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。>そこで、「先方のアクションに何もしない」という事で、何か問題がある事はありますでしょうか?いえ、道義的にどうかはさておき、法律的には特に問題はないとは思います。法的根拠としては民法521条あたりでしょう。民法第521条 承諾の期間を定めてした契約の申込みは、撤回することができない。2 申込者が前項の申込みに対して同項の期間内に承諾の通知を受けなかったときは、その申込みは、その効力を失う。以上よろしくお願い致します。
dueprocessをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問