JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
fplawyerに今すぐ質問する
fplawyer
fplawyer, 弁護士・1級FP技能士・CFP
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 372
経験:  弁護士・1級FP技能士・CFP
71156846
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
fplawyerがオンラインで質問受付中

突然で申し訳ありませんが、 私ども同年会12名(厄年会)が30年位前より積立(1人10000)をつずけてきましたが

解決済みの質問:

突然で申し訳ありませんが、
私ども同年会12名(厄年会)が30年位前より積立(1人10000)をつずけてきましたが、
神社に厄年の時には新馬等奉納をし、後厄年の時には社表石を奉納してきましたが
その間 親睦会 旅行 等行われて来ました平成14年に幹事・会計が交代になり今日まで
来ました その間会計がその通帳から約毎月位12万位預金をおろし他に使っていた事が
発覚しました 通帳には9000円の残高でした その間親睦会5回 旅行1回が行われ通帳には 残高がないのに会計が自分で都合をつけて支払いしていたようです(約800万)
今年の4月に発覚し 家族が都合をつけて通帳には返金されていますが
会員の気持ちが裏切られた事で どうゆふうに解決したらいいのか困っています
公務員がこんな事をしたら 即に懲戒免職ですが民間ではどうしたら・・?
又、顔を合わすのもいやと 言う会員もいます これから↓会合を開かなければなりませんが いいアドバイスがあれば教えて下さいよろしくお願いします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  fplawyer 返答済み 2 年 前.
弁護士です。
お答えいたしますのでよろしくお願いいたします。
事実の概要は、次のとおりですね。
任意の団体である厄年会12名が毎月1万円を積立。
平成14年就任の会計が、過去の残高を含めて、積立金を流用した。
積立金を使用する際は会計が補填した。
補填された金額以外の被害は、会計の家族が弁償した。
法的には、横領です。
家族が弁償したことは、あくまで被害の補填ですので、横領したことに変わりはありません。
そこで、法的には、次のように考えられます。
1 刑事事件(横領)で告発するということがあるでしょう。
2 民事では、被害額の損害賠償請求が出来ます。
損害賠償は、あくまで被害の実額の補填を求めるものですので、制裁的な金銭請求は出来ません。
被害額を確定させ、請求する事になりますが、被害額は次の金額を除きます。
(1)本人が過去に補填した額
(2)今回家族が補填した額
なお、被害額については、損害発生時から5%の遅延損害金を請求できます。
さて、法的には以上のとおりです。このようになることを踏まえ、どうするかを決める必要があります。
団体との関係では、任意の団体で、法に基づく団体ではないので、法的な規制はなく、その規約に従って処分することができます。
規約がなければ、多数決のほか会員が言っての役員等に一任する等で、処分を決めることになるでしょう。
任意の団体ですので、団体の意思決定で退会させても問題ありません。
まとめますと、大きくはつぎの二点を決めるべきです。
法的には、刑事告発、損害賠償請求
団体内部としては、団体の規約や決定に基づく処分
なお、刑事、民事の被害者は、会計を除く団体構成員全員ということになります。
以上をご検討下さい。
fplawyerをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問