JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4636
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

結婚して23年経ちますが、夫と離婚したいことも含めての相談です。私45歳、市役所関係の嘱託員。夫48歳、地方公務員で

解決済みの質問:

結婚して23年経ちますが、夫と離婚したいことも含めての相談です。私45歳、市役所関係の嘱託員。夫48歳、地方公務員で単身赴任中。長女高校2年生、長男小学3年生です。家庭の経済状況は良くなくて、娘の塾代、息子の給食費やPTA等の学費、息子の習い事、昨年中古で購入した私の軽自動車のローン、個人で掛けている女性向けの保険代は私が支払わないと、主人の給料だけでは支払って行けません。それだけでも不満に思っています。夫の給料の明細票は20年間見せてもらった事がなく、本当はいくら入っているのか分からなかったのですが、先日市役所で課税証明書を取ったところ、660万程であることが分かりました。私は80万ほどです。経済的な不満だけが理由ではもちろんありませんが、ご相談です。「離婚せず、別居した場合、母子家庭にはならないですが、県や市の公的アパートに住めるように市の福祉課などは優先的に斡旋してくれますか」また「離婚に向けて動く上で、弁護士さんと相談させて頂くには手元にどんなことを準備して臨めば良いですか(経済状況が分かるような家計簿なども必要ですか、それ以外には何かありますか)」あまり具体的ではなくて申し訳ありません。よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、婚姻中の夫婦の財産は、名義がどちらでも共有財産となります。

そう言う意味では、明細も見せないのは、夫婦の協力義務違反とも言えます。

経済的な問題だけでは、裁判上の離婚理由とは成りませんが

性格の不一致などと合わせ技で何とかなるでしょう。

母子家庭でもないのに母子家庭並みの補助を受けるためには、

離婚前提の別居などの証拠が必要になってきます。

基本的には、家庭裁判所の離婚調停を申し立てると良いでしょう。

家庭裁判所の調停は、費用は数千円で、弁護士の先生にご依頼する必要もございません。

調停委員が、公平公正に財産分与等を判断してくれます。

いきなり、弁護士の先生にご依頼するとなると、それなりの報酬額が必要になります。

着手金30万円、1回の公判等で5万円~10万円、成功報酬として100万円とか

有ります。

今は、自由報酬制度なので、いろいろな事務所に相見積もりを取られても

良いかもしれませんが、まずは、専門家に相談だけして、離婚条件を考えて

ご主人様に提示してみることです。なるべく、自分達で協議離婚をされた方が良いでしょう。

離婚条件が決まれば、離婚協議書を公正証書で作成すれば

離婚後のトラブルは防止できるでしょう。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 2 年 前.

早速の的確なお返事を頂きありがとうございました。

弁護士等は立てずに、家裁での調停の申立てがベストであることと、協議離婚が望ましい事等が分かりました。

専門家に相談して離婚条件を考えるという箇所ですが、専門家というのはこちらで相談させていただいている方々のことでしょうか。

それとも、家裁の方などですか?

それから、もう一つの質問ですが、今離婚になった場合の将来の不安としてなのですが、年金などはどうなりますか?

私は長い間、主婦をやっていたので第3号の期間があるのですが・・・

お教えください。

なるべく、子どもたちに負担のないような離婚の形が取れる事や、やはり経済的なことも含めての離婚を考えたいです。

よろしくお願いします。

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

追加のご質問に分かる範囲でご回答致します。

基本的に、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生に離婚協議書の作成を

ご依頼された方がスムーズに行くでしょう。

行政書士の先生が比較的お安いです。

このサイトや家裁にご相談と言うことではありません。

年金は、現在は、折半と言うことになります。年金分割をすると公正証書に

記載すれば、離婚後2年以内に手続きされれば大丈夫です。

離婚協議書の作成をご依頼されれば、すべて案分から専門家が

考えてもらえますし、代理人としてすべての作成が可能です。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他2 名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問