JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4625
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

結婚したい韓国人女性がオーバーステイでつかまりました。 彼女とはまだ同居もしてませんでした。彼女の母親に結婚のため

解決済みの質問:

結婚したい韓国人女性がオーバーステイでつかまりました。
彼女とはまだ同居もしてませんでした。彼女の母親に結婚のための必要書類を持ってきてもらうはずだった日の4日前に彼女は逮捕されてしまいました。
彼女も私も真剣に本当に真剣に結婚したく思っています。
日本で今すぐにでも婚姻届を提出するつもりです。
もし願いが叶うなら日本で特別残留許可をもらい生活したいですが退去になりましたら私が韓国へ行きたいと思っています。彼女のパスポートは今取り調べ中なので手元にありませんが
婚姻届はだせるのでしょうか、今私に出来ることはどういう事があるでしょうか
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、オーバースティと言うことは観光ビザで日本に来ていたと言うことでしょうか?

それとも、何らかの他のビザが切れてしまったと言うことでしょうか。

お話からは、以前、出国命令で退去されていますから、リピーターと言うことになり

強制退去の対象になります。

そうなると、今回は10年間の上陸拒否となります。

結婚しているから在留特別許可が出るかどうかは微妙なところです。

これまでの生活状況等総合的に見ての判断となります。

下手をすると偽装結婚と判断されることもあるので

きちんとした資料を揃えることになります。

それは、入管の専門家のアドバイスに従うことです。

入管の問題は、弁護士の先生でも専門にされている方なら問題ないと思いますが

あまりいらっしゃいません。

一般的には、入管専門の行政書士の先生が対応していますので

そちらにご相談された方が良いと思います。司法書士の先生の業務分野ではありません。

また、行政書士の先生の方が比較的お安いです。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 2 年 前.
回答ありがとうございます。
やはり難しいという事でしょうか…
彼女は住所不定、私も今は会社の寮暮らしで休みもあまりなくまとまった休みをとり色々な場所で逢いましまが、記録もない状態で深く後悔しています、行政書士に相談してみますが難しいなら私が韓国に行く事を考えようと思います。彼女は退去後韓国で拘束されますか?
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

基本的には、難しい案件と思いますが、入管専門の行政書士の先生なら

良く扱っている案件だと思われます。

韓国で拘束と言うのは無いと思いますが

結婚して、日本に呼び寄せるのが一苦労だとは思いますが

可能ではあると思います。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 2 年 前.
夜中に失礼します
明日婚姻届に彼女にサインを
してもらうつもりです、
警察、検察にパスポートを請求する事は出来ますか?
本当に偽装結婚ではないので疑われても構わないと思っています
行政書士さんに相談して難しいなら私が韓国に行く事を真剣に考えようと思います。
パスポートが無ければ婚姻届は受理されませんか?
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

外国人との婚姻届を出す場合は、大使館等で発行する

婚姻要件具備証明書を発行してもらうことになります。

その翻訳も必要です。

それが出せない場合は、出生証明書、パスポート、独身証明書等が必要になります。

市役所で必要な書類を確認する必要があります。

いずれにしろ、入管専門の行政書士の先生にご依頼してサポートして

もらった方が良いでしょう。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問