JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shihoushoshikunに今すぐ質問する
shihoushoshikun
shihoushoshikun, 司法書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 2287
経験:  東京司法書士会所属
67942392
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
shihoushoshikunがオンラインで質問受付中

交際中の男性が離婚協議中とは知らずお付き合いしていました。 ある日突然、妻の代理人の弁護士から慰謝料の請求がありま

質問者の質問

交際中の男性が離婚協議中とは知らずお付き合いしていました。
ある日突然、妻の代理人の弁護士から慰謝料の請求がありました。催告文書には「あなたの職場にも聞き取りを行った」と、書いてありました。
私の職場も調べ、回りに聞き取りを行ったことで、私の職場での立場も悪くなっています。逆に、私が精神的苦痛を受けているのですが、私はこの催告文書に従う必要があるのでしょうか。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
質問を投稿していただき、ありがとうございます。司法書士のshihoushoshikunと申します。わかりやすい回答を心がけてはおりますが、回答にご不明点がある場合は、「評価」の前に返信機能でご質問下さい。
確認させてください。
質問者様は相手の男性が既婚者であることを知らなかったのですか?独身だと思って付き合っていたのですか?
質問者: 返答済み 2 年 前.

婚姻歴があるのは知っていました。

ただ、現在も離婚出来ていないとは知りませんでした。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
なるほど、ありがとうございます。
相手が既婚者であると知らなかった場合、質問者様は慰謝料を払う必要はありません。
不貞行為は「不法行為」に該当しますが、不法行為は故意や過失による必要があるからです。つまり、相手が既婚者であることを知っていた場合にのみ慰謝料を払う義務があります。
したがって、相手の要求に従う必要はありません。
また、相手は質問者様の職場にも問い合わせしているようですが、もし、質問者様の職場に不貞行為を匂わすようなことをほのめかしていたのであれば、名誉毀損による損害賠償請求が可能です。
ただ、相手方に弁護士が付いているようですので、できれば質問者様も弁護士を付けたほうが良いでしょう。
慰謝料の支払いを拒否し、逆に名誉毀損による損害賠償を請求できるかもしれません。相手に弁護士が付いている以上、質問者様も専門家の助けを求めることをお勧めします。
不明な点がありましたら補足しますので、返信してください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

やはり、こちらも弁護士に相談したいいのですね。

2週間以内に200万円を払えと言われていますが、今から弁護士に相談して間に合うのでしょうか。

その前になにをしたらいいですか。月曜から仕事に行くのも恐いです。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
十分に間に合います。
弁護士に依頼すれば、質問者様のすることはありません。心配しなくても大丈夫です。あとは弁護士が対応してくれます。逆に質問者様は関係者と接触しないほうが良いでしょう。
不明な点がありましたら補足しますので、返信してください。
専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
何について、詳しい回答を期待しているかをきちんと記載してください。
きちんと聞かれたことには答えています。
質問者: 返答済み 2 年 前.

不貞行為をしていないという証明はどのようにするのでしょうか。弁護士に相談しする場合は、何を持っていけばいいのでしょうか。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
不法行為の場合、立証責任は被害者にありますので、質問者様が証明する必要はありません。
弁護士のところに行く際には、相手の弁護士からの書類を持って行けばいいでしょう。
質問者: 返答済み 2 年 前.

相手方の言うとおりに払う必要はないのですね。なぜ、慰謝料の請求額が200万円なのでしょうか?彼とは1年も付き合っていないのにどういう算定基準なのでしょうか。弁護士にはおねがいしようと思いますが、すぐに動かないといけないですよね。弁護士費用などもこちらがやはり負担するのですよね。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
慰謝料の算定方法に決まりはありません。相手に言われるがままに支払う必要はありません。
相手としてみれば、とりあえず200万円請求しておこうということです。極端に言えば500万円でも1000万円でも請求できます。それで相手が支払ってくれればいいからです。到底、裁判では認められませんが。
弁護士に依頼する場合は早い方が良いですね。もちろん弁護士費用は質問者様の負担になりますが、請求されている慰謝料の額と名誉毀損で損害賠償を請求できるかもしれない事を考えると、お金を払ってでも弁護士に依頼することをお勧めします。
shihoushoshikunをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

今、彼が離婚協議中と知ってしまったのですが、このままお付き合いしていると、これからの付き合いに対して慰謝料の請求をされることが考えられますか?

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
>彼が離婚協議中と知ってしまったのですが、このままお付き合いしていると、これからの付き合いに対して慰謝料の請求をされることが考えられますか?
→それは考えられます。既婚者であることを知って交際していることになりますので、今後の接触は避けなければなりません。
厳密に言うと、離婚協議中であるなら相手の婚姻関係が破綻していると考えることができ、交際をしても相手は慰謝料の請求はできない、ということもできますが、難癖をつけて慰謝料の請求をしてくる可能性が考えられます。
これ以上のトラブルを避けるためにも、きちんと相手の離婚が成立して、全ての問題が解決してから再び交際したほうがいいと思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ありがとうございました。

専門家:  shihoushoshikun 返答済み 2 年 前.
こちらこそ、ありがとうございました。

法律 についての関連する質問