JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4767
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

ある公共施設内で口論から相手方が興奮して殴られました、周りの人に止められ当方は暴力を振るっていません。 その後施設

解決済みの質問:

ある公共施設内で口論から相手方が興奮して殴られました、周りの人に止められ当方は暴力を振るっていません。
その後施設の職員が間に入り和解を勧められましたが、相手に反省も謝罪する気がないとの事なので被害届ないしは告訴状を提出しようと考えています。
相手方は代理人を立て、連絡してきましたが治療費は払うから双方痛み分けにしろと上から目線で申し立てて来たので、話しにならないのでもう一度依頼人と相談してくださいと言ったところ2週間音沙汰がないので届を出そうと考えます。
こちらの証人、写真、診断書などは取り揃えてあります。
警察にも暴行を受けた時点で通報してきてもらっています。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、暴行に至るまでの経緯がわかりませんので何とも言えない所は

ございますが、分かる範囲でご回答致します。

確かに、相手が暴行を振って怪我をされたのであれば、傷害罪が成立します。

被害届なり刑事告訴も可能です。

その場合、刑法で相手が処罰されるだけで、損害賠償は民事として別の話になります。

損害賠償は別の争いとなりますが、加害者と被害者が示談をすることで

刑事告訴されても不起訴処分となる可能性が高くなります。

相手は示談をしたいのが本音でしょう。

ただ、傷害罪も過失相殺は考えることになりますので、例えば、ご相談者様が

相手を挑発するような発言があれば、考慮されることもあります。

とは言え、やはり、不法行為に基づく謝罪と損害賠償請求を内容証明でされると

良いでしょう。

内容証明の作成は、民事法務専門の行政書士や弁護士の先生にご依頼されると

相手方に本気度が伝わり、なめられずに済むでしょう。

行政書士の先生が比較的お安いです。

応じなければ、刑事告訴の前に民事調停などされて損害賠償の問題をはっきり

させた方が良いでしょう。それから刑事告訴されても構いません。

頑張って下さい。

質問者: 返答済み 2 年 前.

施設とは職業訓練校内でのことです、講義中に授業の邪魔をするのを嗜めたられたのが気に入らなかったようです。

暴行前日にも衆人の中、自分は格闘技をやっていた、卒業の日に首の骨をへし折ってやると脅迫も受けました。

なので、当日の早朝に担任に相談して注意するようにお願いしたのですが、登校早々にボクシングのグローブとヘッドギアを持参し相手になれと執拗に挑発されたのですが、相手にしなかったのですが挑発しながら本人が頭に血が上り、蹴りから1,2とパンチ」を出してきてパンチが眼鏡のフレームから当り、全治2週間と診断され学校も休むを得なくなりました。

腹に据えかねるので、損害云々より告訴しようかと考えます、個人で訴えるのは不利でしょうか。

専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

ご相談いただきまして誠にありがとうございます。

追加のお話しから、どうも相手はまともな方では無いようですから

あまり深くかかわらない方が良いでしょう。

反社会的勢力(暴力団等)の方が、仕返しやお礼参りは無いと思いますが

素人の方が怖い場合もあります。

今回の件が良い例です。

早急な解決を考えて、必要な額で示談をされた方が安全かもしれません。

もちろん、刑事告訴も怪我の状況によっては警察も個人でも受けます。

相手が応じなければ、それでも構わないでしょう。

刑事告訴すると主張すれば、ある程度は、相手も譲歩はしてくると思います。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問