JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
ekotaeに今すぐ質問する
ekotae
ekotae, 社会保険労務士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1102
経験:  開業後、ずっと労働者から職場のトラブル、社会保険、労働保険など多数相談を受けてきました。特定社会保険労務士の資格有
72162474
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
ekotaeがオンラインで質問受付中

初めまして。 私、名古屋市にある中小企業の課長職を任されている者です。 この度の人事で、課長職から担当課長(マネ

解決済みの質問:

初めまして。
私、名古屋市にある中小企業の課長職を任されている者です。
この度の人事で、課長職から担当課長(マネージャー)職に異動が言い渡されました。
それによって役職手当が7万から4万に減額となってしまいます。
問題は事前に私に対して何の通達も合意もなく、まして前期の人事考課ではBという評価だったにも関わらず、減額を伴う人事には納得いきません
当然の事ながら私の方で職務規定を犯すような事はありませんし、業務命令に逆らったこともありません
心当たりがあるとすれば、1年ほど前に役員に意見した事が切っ掛けで会議に呼ばれなくなるなど冷遇を受けています。
しかし、新機種の開発を私が中心となって行い、製品化されて販売されていますので会社に利益をもたらしています。
にも関わらずこの処遇はあんまりです。これは不利益変更に当たるのでは無いでしょうか。
お忙しいとは思いますが先生方のご意見をお聞かせください。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

法律担当の特定社会保険労務士です。質問をご投稿いただき、誠にありがとうございます。

人事権の行使による降格の場合、「人事権の濫用」となる場合は無効となります。

人事権の濫用になるかどうかは次などを考慮して総合的に判断されます。

・業務上や組織上の必要性

・能力・適性の欠如など

・労働者の被る不利益の程度

・降格の運用状況

など

「前期の人事考課ではBという評価だった」ということですので、上記の能力・適性の欠如を考える上では貴方にとってプラスの材料でしょう。ただ、これだけで人事権の濫用になるかどうかが決まるわけではなく、上記の通り他も考慮して総合的に判断されます。すると企業には人事権の広い裁量が認められている現状がありますので、争うとなると難しい面があります。

会社側に課長職から担当課長(マネージャー)職になった理由を聞いてみるのが良いでしょう。

>それによって役職手当が7万から4万に減額となってしまいます。

→ 就業規則に、課長職から担当課長(マネージャー)職になった場合、7万から4万になることは記載されているのでしょうか。

質問者: 返答済み 2 年 前.

お返事ありがとうございます

就業規則にはマネージャーの役職手当として4万との記載はあります。

本人の合意も通達もなく減給を伴う人事は認められるのでしょうか?

撤回を求めるのに弁護士を雇う必要はありますでしょうか

専門家:  ekotae 返答済み 2 年 前.

法律担当の特定社会保険労務士です。

人事のみでしたら事前に通達をしなければ違法になるということはないです。ただ、今回のケースでは減給を伴っていますので人事のみのケースとは別の問題と考えるべきものです。原則、賃金の減額は本人の同意なしにすることができません。しかしながら、人事で役職等が引き下げられた場合で、それに伴って手当が減額される場合は人事上の問題として取り扱うという考え方が優勢です。あくまでも優勢ということであって、実際に裁判をしたら良い結果が出る可能性はあると思います。

>撤回を求めるのに弁護士を雇う必要はありますでしょうか

→ 弁護士に代理を依頼して訴訟ということでしょうか。弁護士費用と時間がかかりますので、費用対効果を考えたときにどうでしょう。一度、最寄りの弁護士事務所に行って、今回の件の見通しと費用と時間を聞いてみるのが良いと思います。相談をしたら依頼しなければいけないということはありません。

労働局のあっせんという方法もあるので参考までに紹介させていただきます。弁護士に相談して費用対効果があまりないなど訴訟が難しければ、検討する価値はあると思います。

●労働局のあっせん労働局の紛争調整委員会による「あっせん」とは、相対立する個々の労働者と使用者との間に弁護士、大学教授などの学識経験者である第三者が入り、当事者双方の事情を聴取、整理、相互の誤解を解くなどして、当事者双方の話し合いによる紛争の解決を目指す制度です。

労働局は各都道府県に必ず1つあります。

●あっせんのメリット
①非公開
②手続きが裁判ほど難しくない
②迅速な解決が期待できる
③本人が手続きすれば無料(特定社会保険労務士に代理を依頼すれば費用発生)

●あっせんのデメリット
①強制力がない(相手側があっせんの参加を拒否したり、参加しても和解案に応じる義務がない)

ekotaeをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問