JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4807
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

フランチャイズ契約の途中解約の違約金について

解決済みの質問:

フランチャイズ契約の途中解約の違約金について
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います、

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、フランチャイズ契約と言うことは、ご相談者様は、最低でも個人事業主だと

思われますので、消費者契約法で守られている一般の消費者と違い

クーリングオフ等が出来ません。

そのため、合意解除を求めて行くことになります。

法的には、例えば、これをすれば、いくら儲かるなどとプラスの事だけで

マイナスの事は言わない不実の告知(嘘)があれば、債務不履行による

契約の解除と損害賠償請求を求めることが出来ます。

契約の解除とは、最初から契約が無かったと言うことです。

また、営業指導などが名ばかりなど、不誠実な対応もあります。

このような内容の契約なら、最初から契約はしなったと民法の錯誤の無効による

契約の取り消しもあり得ます。

そうなると、法的に争うしかありませんが、まずは、相手の出方を見ると言うことで

内容証明で、契約の解除を求めてみるのも手です。

そこでのどのような対応に出るかを見定めて、弁護士の先生にご依頼されて

訴訟等で争うことも考えないといけません。

それと、消費者被害ではないので、国民生活センター等には、ご相談は出来ないと

思いますが、経済産業省の中小企業課にご相談してみるのも手です。

頑張って下さい。

supertontonをはじめその他名の法律カテゴリの専門家が質問受付中

法律 についての関連する質問