JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kionawakaに今すぐ質問する
kionawaka
kionawaka, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 1380
経験:  中央大学法学部法律学科卒 行政書士事務所経営
62775484
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
kionawakaがオンラインで質問受付中

偽名に関する質問です。 ビジネスを行っていく上での通称名(実在する関係者を使うのではなく)覚えて貰いやすい等の目的

質問者の質問

偽名に関する質問です。
ビジネスを行っていく上での通称名(実在する関係者を使うのではなく)覚えて貰いやすい等の目的で
芸名やペンネームの様にビジネスネームを設定し名刺等にも統一して通称名を印刷し、
且つ、勤める会社側から許可を貰って活動する場合でも、犯罪になりますか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  kionawaka 返答済み 2 年 前.
偽名、変名というのは、詐欺等を働くために相手方を欺罔させるときに用いる用語です。
雅号、通称というような用語を用いるべきでしょう。
  偽名とは、AがA´という名前を用いて、Bから品物を買った。Aは目的物を受け取った。BはA宛に請求書を送ったが、Aは「自分はAであってA´ではないから、支払う必要がない。」と言って、売買代金を踏み倒せるか、というえば、BがA´=Aと信じることについて過失がない場合、Aは支払いを免れることはできない、という責任(表見責任、外観法理:真実に反する外観が」存在する場合において、外観を作り出した者に作出について何らかの責任があり、他方外観を信頼したものに責任がないときは、前者を犠牲にしても後者 を保護せよとする法理)を負わなければなりません。

それ以外に刑法に触れるというのは、思い当たりません。主に商取引で雅号・通称を用いた場合、それが本人と同一とみなされるか、という形での問題が一番多いでしょう。

法律 についての関連する質問