JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
supertontonに今すぐ質問する
supertonton
supertonton, 行政書士
カテゴリ: 法律
満足したユーザー: 4700
経験:  中央大学卒平成14年行政書士登録離婚・相続等の法務手続の専門家
61894004
ここに 法律 に関する質問を入力してください。
supertontonがオンラインで質問受付中

W不倫の末 現在お互い弁護士をたててる状況ですが 相手の奥様が憤慨しており訴訟に持ち込まれる可能性があります。

質問者の質問

W不倫の末 現在お互い弁護士をたててる状況ですが
相手の奥様が憤慨しており訴訟に持ち込まれる可能性があります。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 法律
専門家:  supertonton 返答済み 2 年 前.

初めまして、行政書士のSUPERTONTONでございます。

それは大変お悩みのことと思います。

ご心痛お察し申し上げます。

お話から、W不倫と言うことで、当然、ご相談者様のご主人様からも

相手の男性に慰謝料請求は可能と言えます。

そう言う意味では、双方が離婚をしないのであれば、

慰謝料を請求し合っても、財布の中身が入れ替わるだけで意味がありません。

本来は、双方の夫婦だけの問題として考えるのがベストです。

慰謝料は相殺はできませんが、双方が請求すれば同じ事です。

また、不貞行為の慰謝料の請求は、第一義的には、不貞行為をした有責配偶者に

請求すべきもので、愛人は、二次的なもの副次的なものに過ぎません。

相手の男性も、もっとしっかり対応してもらうべきです。

慰謝料を請求しあっても仕方がないので、双方で、二度と会わないと誓約書を書くなり

謝罪文を書くなりして終わりにして、双方のご夫妻が、「夫婦関係調整の公正証書」を

書いて夫婦関係を修復する前向きなご提案をされてみてはどうでしょうか?

もめるようなら、調停しかありません。

頑張って下さい。

法律 についての関連する質問